スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年度税制改正で、政府がエコカー減税を拡充する一方、燃費性能が悪い旧型車やエコカー以外の自動車重量税(国税)と軽自動車税(地方税)を増税する案を検討している。

2013.11.18.Mon.08:43
2013年11月15日 長崎新聞の記事より引用
『政府、旧型車の増税検討 軽自動車も、業界反発(11/15 18:44)

 2014年度税制改正の焦点である自動車関連税制に関し、政府がエコカー減税を拡充する一方、燃費性能が悪い旧型車やエコカー以外の自動車重量税(国税)と軽自動車税(地方税)を増税する案を検討していることが15日分かった。

 これに対し日本自動車工業会(自工会)などの業界団体は15日に記者会見して増税反対を表明。政府内でも税収確保を求める総務省や財務省と、自動車販売の落ち込みを懸念する経済産業省が対立。年末にかけて与党の税制協議は難航しそうだ。 』 


2013年11月15日 長崎新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1116-0731-23/www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20131115/ec2013111501002276.shtml


2013年11月15日 長崎新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/tubNN


2013年11月15日 長崎新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/541e836b

2013年11月15日 ロイターの記事より引用
『UPDATE 2-米金融政策など他国の政策にコメントしない=麻生財務相
2013年 11月 15日 12:50 JST

(内容を追加しました)

[東京 15日 ロイター] - 麻生太郎財務相は15日、米連邦準備理事会(FRB)の次期議長に指名されたイエレン副議長の発言が予想以上に「ハト派」と受け止められ、金融資本市場で円安、株高が進行していることに関し、「少なくとも他国の政策にコメントはしない」と語った。同日午前、閣議後の記者会見で述べた。


イエレン氏による発言について、麻生財務相は「まだ最終的に(イエレン氏がFRB議長に)なったわけではないし、少なくとも他国の政策に関してコメントはしない」との立場を示した。証言を受けて円が対ドルで100円に振れ、それを好感するかたちで日経平均株価が1万5000円の大台に乗せたことについては「その種の話には答えない」とした。


一方、2015年に廃止される自動車取得税の代替財源に関し、麻生氏は「安定的な財源であることが基本」との考えを示した。

消費税率10%への引き上げの段階で同税が廃止される代わりに、軽自動車の税率引き上げの案が出ていることについては「見直しの中でいろんな声が出ており、与党で検討している」と述べるにとどめた。 (山口貴也 編集:田中志保)』


2013年11月15日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1118-0829-15/jp.reuters.com/article/economicPolicies/idJPL4N0J00JS20131115


2013年11月15日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/RFPu3


2013年11月15日 ロイターの該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/fd2b9a88
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。