スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「交渉の対象となる品目は何百もあり、それぞれにいろいろな人たちが従事し、いろいろな産業が成り立っている。その実態を検証しないまま交渉するのは極めて無責任だ。重要5項目の関税を取り払うような交渉はしないし、全体を見れば『自民党は公約を守った』と言ってもらえるように進めたい」by石破茂

2013.10.21.Mon.02:48
2013年10月19日 NHKの記事より引用
『石破氏 TPP交渉は党の決議踏まえる
10月19日 15時47分

自民党の石破幹事長は大分県別府市で農業関係者らと意見を交わし、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉について、コメや麦など重要5項目を聖域とした党の決議などを踏まえ、国民の理解を得られるように交渉を進めることを政府に求めていく考えを強調しました。

TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡って、自民党はコメや麦などの重要5項目を聖域とした党の決議などを前提に、交渉の全体状況を見ながら関税を撤廃できる品目がないか検討し、来月中旬をめどに意見をまとめたいとしています。
これについて、自民党の石破幹事長は、大分県別府市で開かれた農業関係者らとの意見交換会で「交渉の対象となる品目は何百もあり、それぞれにいろいろな人たちが従事し、いろいろな産業が成り立っている。その実態を検証しないまま交渉するのは極めて無責任だ」と述べ、理解を求めました。
そのうえで、石破氏は「重要5項目の関税を取り払うような交渉はしないし、全体を見れば『自民党は公約を守った』と言ってもらえるように進めたい」と述べ、重要5項目を聖域とした党の決議などを踏まえ、国民の理解を得られるように交渉を進めることを政府に求めていく考えを強調しました。』


TPP ポスター1

TPP ポスター2

2013年10月19日 NHKの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1020-1823-02/www3.nhk.or.jp/news/html/20131019/k10015403671000.html


2013年10月19日 NHKの該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/BUBYn



2013年10月19日 朝日新聞の記事より引用
『「JAのあり方含め虚心に議論」自民・石破幹事長

2013年10月19日21時45分


 ■石破茂・自民党幹事長

 農地の面積がどれだけ維持され、農業人口の構成が続くか、農業技術が伝承されるか、品質が保たれるかが重要だ。日本のコメは反収(10アール当たりのコメ生産量)が米カリフォルニアより低い。生産調整のせいだ。何かがおかしい。どうやったらコストダウンがはかれるかを考えないといけない。農地を守るためにどうするかという議論をしていく。農地法は戦後、(農地が足りず)いかに農地を小さくしていくかを主眼としてできた。耕作放棄地になっている今の状況で、農地法は今のままでいいのか。JA(農協)の今後のあり方を含め、虚心に議論させていただきたい。(大分県別府市での「農林水産業・地域の活力創造本部」の政策説明会で)』


2013年10月19日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1020-1747-14/www.asahi.com/articles/TKY201310190319.html


2013年10月19日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/zKk5y
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
別府市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。