スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TPPの扱いは自民党が「ウソつき」と言われるか言われないのかの瀬戸際になっている。「(自民党の)方針は今までと変わっていない」と言いながら、(コメや麦など重要な農産物)586品目について「精査を始める」と言った瞬間に、「やっぱりいくつかは(関税保護の対象から)降ろすんだな」というのが透けて見える。なし崩し的なやり方は国民の信頼を失う。」by町村信孝

2013.10.18.Fri.02:24
2013年10月17日 朝日新聞の記事より引用
『TPP、自民『ウソつき』か瀬戸際」町村・元官房長官
2013年10月17日17時20分

■町村信孝・元官房長官

 TPP(環太平洋経済連携協定)の扱いは自民党が「ウソつき」と言われるか言われないのかの瀬戸際になっている。「(自民党の)方針は今までと変わっていない」と言いながら、(コメや麦など重要な農産物)586品目について「精査を始める」と言った瞬間に、「やっぱりいくつかは(関税保護の対象から)降ろすんだな」というのが透けて見える。なし崩し的なやり方は国民の信頼を失う。精査してもいいが、「こういう方針でやる」ということをきちんとアナウンスしてからやらないといけない(町村派例会のあいさつで)』


2013年10月17日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1017-2212-18/www.asahi.com/politics/update/1017/TKY201310170244.html


2013年10月17日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/wVCsA



2013年10月17日 長崎新聞の記事より引用
『首相、TPPで国益追求の方針 参院代表質問(10/17 12:05)


 安倍首相は17日午前の参院本会議で行われた代表質問で、年内の妥結を目指す環太平洋連携協定(TPP)交渉について「守るべきものを守り、攻めるべきものを攻め、国益を追求する政府方針に何ら変更はない」と重ねて明言した。

 「聖域」としてきた農業の重要5項目に関し、品目レベルで関税撤廃を検討することを早期から政府、自民党で合意していたとの指摘に対しては「了解事項が政府与党間にあったとの事実はない。交渉はこれから本格化する」と主張した。

 相次ぐ竜巻対策強化に取り組む方針も強調。関係府省庁対策会議を設置し、情報伝達の在り方について検討を進めていることを挙げた。  』


2013年10月17日 長崎新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1017-2149-11/www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20131017/po2013101701001015.shtml


2013年10月17日 長崎新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/7bzIH
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。