スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民、公明両党は、日本に永住帰国した中国残留日本人孤児の死亡後、残された配偶者に対し、新たに月額約4万3千円の支援金を給付する中国残留邦人支援法改正案を議員立法で提出する方針を固めた。

2013.10.13.Sun.04:12
2013年10月12日 朝日新聞の記事より引用
『残留孤児の死後も配偶者支援 自公が議員立法提出へ
2013年10月12日9時17分

 【岡村夏樹】自民、公明両党は、日本に永住帰国した中国残留日本人孤児の死亡後、残された配偶者に対し、新たに月額約4万3千円の支援金を給付する中国残留邦人支援法改正案を議員立法で提出する方針を固めた。15日開会の臨時国会で成立させ、来年10月からの施行をめざす。

 2008年に始まった生活支援策で、政府は残留孤児の世帯に対し、月額最大約12万円の生活支援金や約6万6千円の国民年金(満額)を給付。代わりに、残留孤児は国相手の損害賠償訴訟を取り下げた。

 だが、残留孤児の死亡後、残された配偶者への支援は生活保護と同程度の月額最大約8万円だけになる。残留孤児は「配偶者は高齢で自立した生計の維持が難しい。自分たちの死後も配偶者を支援してほしい」と法改正を求めていた。

 改正案では、残留孤児が永住帰国する前にすでに婚姻関係にあった配偶者に対象を限定。「配偶者支援金」として、残留孤児が受け取っていた国民年金の3分の2にあたる月額約4万3千円を新たに給付する。支給対象者は約430人で、年間2億3千万円を見込んでいる。』


2013年10月12日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1012-1225-52/www.asahi.com/politics/update/1012/TKY201310110468.html


2013年10月12日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/rDtN3



2013年10月12日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(Freezepage)
http://www.freezepage.com/1381605704YLBDRMXXST
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。