スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(TPP)交渉は進んでおり、こちらがカードを切らない限り、相手も切らない。(批判している人物は)状況がわかっていない。(586品目の関税撤廃の検証を)一つ一つやらないといけない」by西川公也

2013.10.10.Thu.12:00
2013年10月9日 毎日新聞の記事より引用
『TPP:重要5項目で「譲歩」示唆 自民・西川氏

毎日新聞 2013年10月09日 21時19分(最終更新 10月10日 01時57分)


 自民党の西川公也・環太平洋パートナーシップ協定(TPP)対策委員長は9日夜、訪問先のインドネシアから帰国した。西川氏はコメや麦など農産物の「重要5項目」を細分化した586品目の一部で関税撤廃を検討するとした自らの発言について「検証は当たり前だ。批判している人はずれている」と反論。「最初の政府提案は低い自由化率だが、これから上がっていくはずだ」と述べ、妥結に向け、586品目でも譲歩が避けられないとの見通しを示した。羽田空港で記者団の質問に答えた。

 政府・自民党はこれまで重要5項目について、関税撤廃の対象から除外する「聖域」としてきた。西川氏は記者団に対し「交渉は進んでおり、こちらがカードを切らない限り、相手も切らない」と語り、関税の是非に関する選別が必要との認識を強調。自民党内の批判に対して、「(高い自由化率を求められる)実態を知らなければ、交渉はできない。少しは勉強しろと言いたい」と述べた。

 一方、西川氏の帰国に先立ち、9日に開かれた自民党農林水産戦略調査会で、鳩山邦夫元総務相は「土俵際に追い込まれたわけでもないのに、(西川氏の発言は)タイミングが下手だ。『裏切られた』との声が激しい」と批判。

 中谷元調査会長は「結束が乱れるとよくない。しっかり説明してもらう」と述べ、発言の真意を確認する考えを示した。自民党は10日、党TPP対策委員会を開き、西川氏も出席する。【横田愛】』


西川公也基本画像1


2013年10月9日 毎日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1010-1112-02/mainichi.jp/select/news/20131010k0000m010086000c.html


2013年10月9日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/3bca3b28


2013年10月9日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/RGmbJ




2013年10月9日 毎日新聞の記事より引用
『TPP:安倍政権586品目でも譲歩か 自民・西川氏

毎日新聞 2013年10月09日 21時19分(最終更新 10月09日 21時55分)


 自民党の西川公也・環太平洋パートナーシップ協定(TPP)対策委員長は9日夜、訪問先のインドネシアから帰国した。西川氏は農産物の「重要5項目」を細分化した586品目の一部で関税撤廃を検討するとの自らの発言について「検証は当たり前だ。批判している人はずれている」と反論。「最初の政府提案は低い自由化率だが、これから上がっていく」とも述べ、安倍政権が586品目でも譲歩するとの見通しを示した。

 西川氏は羽田空港で記者団に対し「交渉は進んでおり、こちらがカードを切らない限り、相手も切らない」と強調。自民党内の批判に対し、「状況がわかっていない。(586品目の検証を)一つ一つやらないといけない」と述べた。自民党は10日、党TPP対策委員会を開き、西川氏も出席する。

 一方、自民党は9日、農林水産戦略調査会を開き、鳩山邦夫元総務相が「土俵際に追い込まれたわけでもないのに、(発言は)タイミングが下手だ。『裏切られた』という声が激しい」と批判。中谷元調査会長も「結束が乱れるとよくない。しっかり説明してもらう」と西川氏に真意を確認する考えを示した。

【横田愛】』


2013年10月9日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/61f2904c


2013年10月9日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/8tztT


2013年9月3日 下野新聞の記事より引用
『TPP交渉で西川氏「年内に大筋合意できる」

9月3日 朝刊

 環太平洋連携協定(TPP)交渉会合が開かれたブルネイに、自民党の団長として派遣されていた西川公也党TPP対策委員長(栃木2区)は2日、交渉の年内妥結について「最後の調整を残して大筋は合意できる」との認識を示した。下野新聞社の取材に答えた。

 西川氏が派遣されたのは8月24~31日。毎朝、政府交渉団の幹部から報告を聞いた。会合では参加国が、年内合意に向けたスケジュール感を共有したという。

 西川氏は年内妥結に向け、一番の課題として市場アクセスの問題を挙げた。今回の交渉で各国のオファー交換がスタートした自由化率について「今後、数字が上がるのは事実。最大の難関」とした。

 その上で来月8日にインドネシアのバリ島で開かれるAPEC首脳会合で「大勢が見える」と、大筋合意に至る可能性に言及。自由化率をはじめとする争点について「閣僚、交渉官レベルで決着できない部分を首脳会合で決め、細部は交渉官に委ねる、という妥結になる」との見方を示した。』


2013年9月3日 下野新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1010-1416-29/www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20130903/1340064


2013年9月3日 下野新聞の該当記事のアーカイブ(Freezepage)
http://www.freezepage.com/1381382421ISHWHFXKTK


【参考】2013年6月2日 毎日新聞の記事より引用
『TPP:議論白熱 自民・西川対策委員長、県農政連に怒り /山形

毎日新聞 2013年06月02日 地方版


 夏の参院選を前に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡り、県内でも議論が白熱している。

 30日に県農協政治連盟が、反TPP参加を掲げる現職でみどりの風政調会長の舟山康江氏(47)の推薦を決めると、自民党TPP対策委員長の西川公也衆院議員が31日に来県。米沢市内で農業関係者や地元議員ら約50人を前に「いま自民党を敵にして農業が大丈夫だと思っているのか」と、県農政連の対応に怒りをあらわにした。

 西川衆院議員はTPP交渉の実態が正確に把握されていないのが支持を得られない理由だとして「今後も農林関係の議員らが山形に入り、理解をえたい。聖域は守る」と話した。自民新人の大沼瑞穂氏(34)の他、岸宏一参院議員、鈴木憲和衆院議員も顔をそろえた。

 ◇みどり・舟山氏「地域にメリットない」

 一方、舟山氏は1日、山形市内で農協や教職員組合、医師会などが開いた反TPPの学習会に参加。約400人を前に「米国では、日本は農産品を含めて関税撤廃を決断したと考えられている。安倍政権の説明とは異なる」と指摘。「TPPの参加交渉について正確な説明がされていない。TPPは、大きな企業だけがもうかる仕組み。地域にはメリットはない」と話した。【前田洋平】』


西川公也基本画像0


2013年6月2日 毎日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0603-1129-52/mainichi.jp/area/yamagata/news/20130602ddlk06020027000c.html


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。