スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガチガチに立憲主義を守ることによって国が滅んでしまっては何もならない(憲法解釈の変更による集団的自衛権行使を認めるべきだ)。」by船田元

2013.10.08.Tue.13:08
2013年10月6日 朝日新聞の記事より引用
『集団的自衛権の解釈改憲巡り激論 枝野・船田両氏
2013年10月6日3時49分

 安倍政権が目指す集団的自衛権の行使容認をテーマにした討論会(主催=国民投票/住民投票情報室)が5日、都内で開かれ、民主党の枝野幸男・憲法総合調査会長と自民党の船田元・憲法改正推進本部本部長代行が、憲法解釈の変更をめぐって激しくやりあった。

 討論会では船田氏が「ガチガチに立憲主義を守ることによって国が滅んでしまっては何もならない」と述べ、憲法解釈の変更による行使を認めるよう訴えた。

 枝野氏は解釈変更による行使に反対し、必要最小限の自衛権を憲法に明文化する私案をまとめている。枝野氏は「民主主義は間違える。間違えた場合でも、影響を小さくするために立憲主義がある。もし、この国で立憲主義が確保されないなら亡命する」と主張。その上で「立憲主義を守る当事者は主権者である国民のみなさん。亡命しなきゃならないようなことにはならないと思う」と訴えた。』


2013年10月6日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1008-1259-48/www.asahi.com/politics/update/1005/TKY201310050232.html


2013年10月6日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/YJNOp



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。