スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「記者に説明するのに目線が下がってしまう。『記者の先に国民や世界の皆さんがいることを忘れないでほしい』という趣旨の新聞の投書を見て、指摘はもっともだと思い、試行的にやらせてもらった。きょうの会見の目線がどうなっているか、あとで録画を見てみたい。常にこの会見は国民目線で行っていきたい」by菅義偉

2013.10.03.Thu.12:01
2013年10月2日 NHKニュースの記事より引用
『「国民目線で会見」記者席を後ろに
10月2日 21時51分


菅官房長官は午後の記者会見で、会見する際の目線が下がっているという指摘を踏まえ、総理大臣官邸の会見室の記者席を1列分後ろにずらしたことについて、「試行的にやらせてもらった」と述べたうえで、「常に国民目線で会見を行っていきたい」と述べました。

この中で菅官房長官は、午後の記者会見から、総理大臣官邸の会見室の記者席を1列分後ろにずらしたことについて、「記者に説明するのに目線が下がってしまう。『記者の先に国民や世界の皆さんがいることを忘れないでほしい』という趣旨の新聞の投書を見て、指摘はもっともだと思い、試行的にやらせてもらった」と述べました。そのうえで菅官房長官は、「きょうの会見の目線がどうなっているか、あとで録画を見てみたい。常にこの会見は国民目線で行っていきたい」と述べました。』


菅義偉5134


2013年10月2日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1002-2206-25/www3.nhk.or.jp/news/html/20131002/k10014987921000.html


2013年10月2日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/f38444a6
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。