スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三首相が五輪招致のプレゼンテーションで行った「(福島第1原発の汚染水は)完全にブロックされている。コントロール下にある」との発言に関し、東京電力は2013年9月9日の記者会見で、「一日も早く安定させたい」と述べ、首相の発言を事実上否定した。

2013.09.10.Tue.02:04
2013年9月9日 毎日新聞の記事より引用
『東電:汚染水、首相の「完全にブロック」発言を事実上否定

毎日新聞 2013年09月09日 21時07分(最終更新 09月09日 21時56分)


 福島第1原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が五輪招致のプレゼンテーションで「完全にブロックされている」「コントロール下にある」と発言したことについて、東京電力は9日の記者会見で、「一日も早く安定させたい」と述べ、首相発言を事実上否定した。政府に真意を照会しているといい、政府と東電の認識の違いが出たと言えそうだ。

 防波堤に囲まれた港湾内(0.3平方キロ)には、汚染水が海側に流出するのを防ぐための海側遮水壁が建設されているほか、湾内に広がるのを防ぐために「シルトフェンス」という水中カーテンが設置されている。

 東電によると、フェンス内の海水からは、これまでに最大でストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり1100ベクレル、トリチウム(三重水素)が同4700ベクレル検出されている。東電は「フェンス外の放射性物質濃度は内部に比べ最大5分の1までに抑えられている」と説明したが、フェンスは水の出入りまで遮断できない。また、フェンス内と港湾内、外海の海水が1日に50%ずつ入れ替わっていることが知られており、トリチウムは水と似た性質を持つため通過する。

 現在、外海とつながる港湾口や沖合3キロの海水の放射性物質濃度は検出できないほど低いが、専門家は「海水で薄まって拡散しているため」とみる。

 また、汚染水は1日400トンの地下水が壊れた原子炉建屋に流れ込み、溶けた核燃料に接触して増え続けている。水あめ状の薬剤「水ガラス」で壁のように土壌を固める改良工事を実施したが、壁の上を越えて海洋流出している事態も収束していない。地上タンクから漏れた汚染水約300トンの一部は、海に直接つながる排水溝に到達したとみられ、東電は港湾外に流出した可能性を否定していない。「何をコントロールというかは難しいが、技術的に『完全にブロック』とは言えないのは確かだ」(経済産業省幹部)との声も出ている。

安倍首相:汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い

毎日新聞 2013年09月09日 21時07分(最終更新 09月10日 00時47分)

 安倍首相は「食品や水からの被ばく量は、どの地域も基準(年間1ミリシーベルト)の100分の1」とも述べ、健康に問題がないと語った。厚生労働省によると、国内の流通食品などに含まれる放射性セシウムによる年間被ばく線量は最大0.009ミリシーベルト。だが、木村真三・独協医大准教授は「福島県二本松市でも、家庭菜園の野菜などを食べ、市民の3%がセシウムで内部被ばくしている。影響の有無は現状では判断できない」と指摘する。【鳥井真平、奥山智己】』


2013年9月9日 毎日新聞の該当記事の魚拓1/2
http://megalodon.jp/2013-0909-2221-42/mainichi.jp/select/news/20130910k0000m040073000c.html


2013年9月9日 毎日新聞の該当記事の魚拓2/2
http://megalodon.jp/2013-0910-0109-21/mainichi.jp/select/news/20130910k0000m040073000c2.html


2013年9月9日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ1/2
http://www.peeep.us/47e8016e


2013年9月9日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ2/2
http://www.peeep.us/075fafb6


2013年9月7日 毎日新聞の記事より引用
『20年五輪:IOC総会プレゼン 汚染水問題を首相説明

毎日新聞 2013年09月07日 23時53分(最終更新 09月08日 05時52分)

 【ブエノスアイレス藤野智成】2020年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会が7日、当地のホテルで開かれた。トルコ・イスタンブール、東京、スペイン・マドリードの順に最終プレゼンテーション(招致演説)に臨み、投票は委員2人が欠席したため、1回目は95人(立候補国の委員とロゲ会長を除く)で実施となった。同日夕(日本時間8日早朝)に開催都市が発表される。

 前回の16年五輪招致で落選した東京は、夏季では1964年以来56年ぶり2回目、冬季の72年札幌、98年長野の両大会も含め、22年ぶり4回目の日本開催を目指して挑戦した。

 東京の演説の前に、高円宮妃久子さまが壇上に立ち、「IOCの支援は日本の子どもや若者たちに希望をもたらしてくれた」と東日本大震災の被災地への支援に感謝を述べた。陸上女子走り幅跳びでパラリンピック3大会連続出場の義足ジャンパーで、震災で宮城県気仙沼市の実家が津波被害に遭った佐藤真海(まみ)選手(サントリー)が、「復興五輪」で被災地を勇気づける「スポーツの力」を強調。東京都の猪瀬直樹知事は高い運営能力や財政力による「安心、安全」を訴え、ニュースキャスターの滝川クリステルさんが東京の街の魅力を紹介。招致委の竹田恒和理事長や水野正人専務理事、フェンシングの太田雄貴選手(森永製菓)も登壇した。

 東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題が海外メディアに取り上げられる中、安倍晋三首相は「(福島第1原発の)状況はコントロールされている。東京にダメージが与えられることは決してない」と説明したが、演説後の質疑でゲルハルト・ハイベルク委員(ノルウェー)から「東京に影響がないという根拠はなにか」と質問が出た。これに対し、首相は近海モニタリングのデータなどを示し、「汚染水による影響は港湾内の0.3平方キロの範囲内で完全にブロックされている。抜本解決に向けたプログラムを私が責任を持って決定し、すでに着手している」と答えた。
 イスタンブールは、反政府デモなどの課題を抱えていたが、地理的特徴から「アジアと欧州の懸け橋」となる世界の相互理解を促進する大会意義を主張。マドリードは、経済不安という弱みを抱えていたが、既に8割の施設整備を終えている点や、直前の独自調査で91%に上った高い国内支持率などをアピールした。』


2013年9月7日 毎日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0909-2212-03/mainichi.jp/sports/news/20130908k0000m050086000c.html


2013年9月7日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/d10cfd4a



2013年9月8日 朝日新聞の記事より引用
『「ヘッドラインではなく事実みて」汚染水巡る首相発言
2013年9月8日2時0分

 東京電力福島第一原発の放射性物質汚染水漏れをめぐる安倍晋三首相の発言要旨は次の通り。

 【招致演説で】

 状況はコントロールされている。決して東京にダメージを与えるようなことを許したりはしない。

 【国際オリンピック委員会(IOC)委員の質問に対し】

 結論から言うと、まったく問題ない。(ニュースの)ヘッドラインではなく事実をみてほしい。汚染水による影響は福島第一原発の港湾内の0・3平方キロメートル範囲内で完全にブロックされている。

 福島の近海で、私たちはモニタリングを行っている。その結果、数値は最大でも世界保健機関(WHO)の飲料水の水質ガイドラインの500分の1だ。これが事実だ。そして、我が国の食品や水の安全基準は、世界で最も厳しい。食品や水からの被曝(ひばく)量は、日本のどの地域でも、この基準の100分の1だ。

 健康問題については、今までも現在も将来も、まったく問題ない。完全に問題のないものにするために、抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、すでに着手している。
 【演説後、記者団に】

 一部には誤解があったと思うが、誤解は解けた。世界で最も安全な都市だと理解をいただいたと思う。 』



2013年9月8日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0909-2229-34/www.asahi.com/politics/update/0908/TKY201309070388.html



2013年9月8日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/7c785bc0



2013年9月8日 朝日新聞の記事より引用
『汚染水「現在も将来も問題ない」 プレゼンで安倍首相
2013年9月8日1時33分

 【ブエノスアイレス=田伏潤】安倍晋三首相は7日午前(日本時間同日夜)、2020年夏季五輪の招致演説で、東京電力福島第一原発の汚染水漏れについて「状況はコントロールされている。決して東京にダメージを与えることを許さない」と強調した。

特集:2020夏季五輪招致
 その後の質疑で国際オリンピック委員会(IOC)委員から根拠を問われ、「汚染水の影響は原発の港湾内の0・3平方キロメートル範囲内で、完全にブロックされている」と説明。食品や水からの被曝(ひばく)量も厳しい基準を大幅に下回るとし、「健康問題については今までも現在も将来も全く問題ない」と訴え、「抜本解決に向けたプログラムを私が責任を持って決定し、実行していく」と約束した。

 首相は演説後、記者団に「誤解は解けた。世界で最も安全な都市だという理解はいただいた」と自信を見せた。 』


2013年9月8日 朝日新聞の記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0910-0155-46/www.asahi.com/politics/update/0907/TKY201309070362.html?ref=reca


2013年9月8日 朝日新聞の記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/d90f8c91



2013年9月8日 東京新聞の記事より引用
『【社会】
首相強弁「汚染水問題ない」 IOC委員質問に回答 実際は外洋漏えいも
2013年9月8日 朝刊

 二〇二〇年夏季五輪の開催都市を決めるIOC総会で、安倍晋三首相は東京電力福島第一原発の汚染水漏えい問題について、「まったく問題はない。汚染水の影響は、港湾内で完全にブロックされている」と強調した。 

 安倍首相はプレゼンテーションで「東京は世界で最も安全な都市の一つ」とアピール。福島第一原発事故について「状況はコントロールされている。東京にダメージを与えることは許さない」とした。この発言に対し、IOC委員が質疑応答で、東京に影響がない根拠を尋ねた。

 首相は「汚染水の影響は、福島第一原発の港湾内の〇・三平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」と断言。近海のモニタリングの結果、「数値は最大でも世界保健機関(WHO)の水質ガイドラインの五百分の一。日本の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい基準だ」とアピールした。

 だが、福島第一原発では毎日汚染水を含む大量の地下水が漏えいしている。先月には地上タンクから約三百トンの処理水が漏出。外洋につながる排水溝に沿って、処理水と同じ特徴を示す高濃度の放射性ストロンチウムなどを含む水が確認され、外洋に漏れた可能性が極めて高い。港湾内の水についても、東電は、外洋と完全にブロックされた状態ではなく、水が行き来していると説明している。

 首相は「日本のどの地域でもこの基準(食品や水の安全基準)の百分の一であり、健康問題については、これまでも今も将来もまったく問題ないことを約束する」とし「抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、すでに着手している」と強調した。

 プレゼンテーションを終えた安倍首相は、報道陣に「汚染水については完全にブロックされていると伝わったと思う。(汚染水問題は)数日前から私の口からはっきり伝えようと思った」と話した。』


2013年9月8日 東京新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0909-2231-10/www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013090802000137.html


2013年9月8日 東京新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/74b78ca2

【参考データ1】首相官邸公式サイト、平成25年9月7日アルゼンチンのブエノスアイレス市内で行われた安倍晋三総理大臣の内外記者会見より引用
『平成25年9月7日
内外記者会見

【安倍総理冒頭発言】

 2020年のオリンピック開催地に東京が選ばれた。みんなが力を合わせれば夢は叶う、このことを国民の皆様とともに示すことができたと思う。
 東京開催を支持して頂いたIOC委員の皆さんをはじめ、東京を応援して頂いた世界中の皆様に、心から感謝申し上げたいと思う。
 そして、マドリードとイスタンブールの誘致活動に尽力された皆様の健闘を、心より讃えたいと思う。最後の最後まで、大接戦であった。
 また、猪瀬東京都知事、竹田JOC会長をはじめ、現役アスリートの皆様など、オリンピック・パラリンピックの東京招致に全力を尽くしてこられた関係者の皆様の努力に対して、深い敬意を表する次第である。この皆様の努力がなければ、東京招致は成功していなかったと思う。
 そして、ここからが本番。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを必ず成功させるべく、早速、準備にとりかかる。
 世界中から超一流のアスリートたちが、東京にやってくる。開催国として、すべての選手の皆様が、その実力を出し切り、ベストな競技ができるようにする義務がある。
 そして、「今日この日、東京を選んだのは正しかった。」と、世界の人々から評価されるように頑張っていく。
 オリンピック・パラリンピックという世界の檜舞台で、日本の選手たちが活躍する姿。想像するだけで、わくわくしてくる。世界中のライバルたちを、日本のプレイと、そしてスポーツマンシップで、迎えてもらいたいと思う。
 選手だけではない。たくさんの外国からのお客様が、日本にやってくることとなる。最高のおもてなしでお迎えするのが、ホスト国である日本の責任でもある。
 「日本は素晴らしい」。そう思ってもらえる絶好のチャンスを、私たちは手にしたと思う。
 東日本大震災では、世界中の皆様から復興への支援をいただいた。改めて感謝したいと思う。そして、今回の東京開催の決定も、「日本、頑張れ!東北の皆さん、頑張れ!」という声をいただいたように思う。
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、東日本大震災からの復興を見事に成し遂げた日本の姿を、世界の中心で活躍する日本の姿を、世界中の人々に向けて力強く発信していく。これこそが、今回の東京開催決定への感謝の気持ちを表す最善の道であると考えている。

【質疑応答】

(NHK 原記者)
 東京招致決定に祝意を表したい。今回の東京招致決定の勝因と今後の課題如何。また、東京五輪の決定によって、3兆円の経済波及効果があるといわれているが、消費税率引き上げの判断に与える影響はどのようにお考えか。また、さまざまな経済指標が最近改善しているが、現時点で、消費税の引き上げについてどのように考えているか。

(安倍総理)
 この勝利は、まさに国民が日本全体が一つになった結果だと思う。そして、この結果、まさに私たちは東京が、日本が世界の真ん中で輝いていく、その大きなチャンスを頂いたと思っている。
 オリンピック・パラリンピック招致は、インフラ整備、観光など幅広い分野にも良い影響を与える。そして、オリンピック・ムーブメントを世界に広げ、安全で確実にオリンピックを実施するという期待に応えていくこと。これが私たちの課題だと思う。
 そして、次に、経済に与える影響であるが、15年続いたデフレ、縮み志向の経済を、オリンピック開催決定を起爆剤として払拭していきたい。今、私たちは大きな目標を得ることができた。この目標に向かって、この夢に向かって進んでいく。これこそがまさに今までの縮み思考を変えていくことにつながると考える。
 消費税については、経済情勢を見極め、この秋にしっかり判断する。この方針に変わりはない。

(ブエノスアイレス・ヘラルド ソルティス記者)
 まず最初に、2020年オリンピック東京招致に祝意を表したい。G20では、全ての首脳同士が言葉を交わすことが出来なかった状況で、今回、安倍総理は、中国の習近平主席と短時間言葉を交わされた。このことは、中国との尖閣諸島を巡る争いについてどの様な影響を与えるのか。世界の中で、この争いは、既に北朝鮮問題を抱えている地域において余計な緊張の種と見られている。尖閣諸島についての日本の立場如何。

(安倍総理)
 まずはじめに、このIOC総会において日本代表団を大変暖かく迎えていただいた、ブエノスアイレスの皆様、アルゼンチンの皆様に心から感謝申し上げる。そして、G20では私は様々な首脳と会談を行った。アルゼンチンの大統領との首脳会談も行ったし、日米、日露等の様々な首脳会談を行った。
 尖閣諸島については、この諸島が日本国固有の領土であることは、歴史的にも国際法上も疑いない。現に我が国はこれを有効に支配している。自国の領土の主権を守ることは、政府としての当然の責務であり、我々は毅然かつ冷静に対応していく。
 同時に、日中関係は日本にとって最も重要な二国間関係の一つである。地域における責任ある国として、日本は「戦略的互恵関係」に則って、大局的観点から、中国との対話を進めていく考え。対話のドアは常にオープンである。

(産経新聞 大谷記者)
 東京五輪開催決定に祝意を表したい。さて、総理は、ここブエノスアイレスに来られる前、ロシアで開催されたG20の場で、中国の習近平国家主席、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と挨拶を交わされた。これからも、国連総会や、APEC等、国際会議が続くが、どのように首脳会談の実現を目指していくのか、お考えをお聞かせ願いたい。

(安倍総理)
 G20の場で私から習主席に説明したとおり、私としては、「戦略的互恵関係」の原点に立ち戻って、日中関係を発展させていくべきであるとの考えである。中国側においても同様の姿勢を期待したいと思う。日本側の対話のドアは常にオープン。これが我々の姿勢である。
 韓国は、日本にとって基本的な価値と利益を共有する重要な隣国である。これまでも韓国との間には難しい問題もあるが、我が国としては、意思疎通を今後も積み重ね、大局的観点から、協力関係を構築していきたいと考えている。

(クラリン紙(アルゼンチン) ビタール記者)
 まず最初にお祝い申し上げたい。質問だが、福島第一原発の汚染水問題を如何に解決するのか。また、エネルギー資源の乏しい日本において、原子力エネルギーに代わって、ほかのエネルギーを使うということになるのか。

(安倍総理)
 まず、健康に対する問題は、今までも、現在も、これからも全くないということははっきりと申し上げておきたいと思う。
 さらに、完全に問題ないものとする、抜本解決に向けたプログラムをすでに政府は決定し、かつ、すでに着手している。私が、責任をもって、実行していく。

 エネルギー政策については、引き続き、エネルギーの安定供給、エネルギーコスト低減の観点も含めて、責任あるエネルギー政策を構築していく。原子力比率は引き下げていく。
 このため、今後、3年程度の間に、再生可能エネルギーの普及と省エネルギーの推進を最大限加速させていく。原発の再稼働については、世界で最も厳しい安全基準の下で、判断していくこととしている。』


首相官邸公式サイト、平成25年9月7日アルゼンチンのブエノスアイレス市内で行われた安倍晋三総理大臣の内外記者会見へのリンク
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0907argentine_naigai.html


首相官邸公式サイト、平成25年9月7日アルゼンチンのブエノスアイレス市内で行われた安倍晋三総理大臣の内外記者会見の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0910-0507-04/www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0907argentine_naigai.html


【参考データ2】
首相官邸公式サイト、平成25年9月7日にブエノスアイレスで行われたIOC総会における安倍総理プレゼンテーションより引用


平成25年9月7日
IOC総会における安倍総理プレゼンテーション

日時(アルゼンチン・ブエノスアイレス):
2013年9月7日(土)10:30~11:40(日本時間22:30~23:40)

(日本語訳)
 委員長、ならびにIOC委員の皆様、東京で、この今も、そして2020年を迎えても世界有数の安全な都市、東京で大会を開けますならば、それは私どもにとってこのうえない名誉となるでありましょう。
 フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません。
 さらに申し上げます。ほかの、どんな競技場とも似ていない真新しいスタジアムから、確かな財政措置に至るまで、2020年東京大会は、その確実な実行が、確証されたものとなります。
 けれども私は本日、もっとはるかに重要な、あるメッセージを携えてまいりました。
 それは、私ども日本人こそは、オリンピック運動を、真に信奉する者たちだということであります。
 この私にしてからが、ひとつの好例です。
 私が大学に入ったのは、1973年、そして始めたのが、アーチェリーでした。一体どうしてだったか、おわかりでしょうか。
 その前の年、ミュンヘンで、オリンピックの歴史では久方ぶりに、アーチェリーが、オリンピック競技として復活したということがあったのです。
 つまり私のオリンピックへの愛たるや、そのとき、すでに確固たるものだった。それが、窺えるわけであります。
 いまも、こうして目を瞑りますと、1964年東京大会開会式の情景が、まざまざと蘇ります。
 いっせいに放たれた、何千という鳩。紺碧の空高く、5つのジェット機が描いた五輪の輪。何もかも、わずか10歳だった私の、目を見張らせるものでした。
 スポーツこそは、世界をつなぐ。そして万人に、等しい機会を与えるものがスポーツであると、私たちは学びました。
 オリンピックの遺産とは、建築物ばかりをいうのではない。国家を挙げて推進した、あれこれのプロジェクトのことだけいうのでもなくて、それは、グローバルなビジョンをもつことだ、そして、人間への投資をすることだと、オリンピックの精神は私たちに教えました。
 だからこそ、その翌年です。日本は、ボランティアの組織を拵えました。広く、遠くへと、スポーツのメッセージを送り届ける仕事に乗り出したのです。
 以来、3000人にも及ぶ日本の若者が、スポーツのインストラクターとして働きます。赴任した先の国は、80を超える数に上ります。
 働きを通じ、100万を超す人々の、心の琴線に触れたのです。
 敬愛するIOC委員の皆様に申し上げます。
 2020年に東京を選ぶとは、オリンピック運動の、ひとつの新しい、力強い推進力を選ぶことを意味します。
 なぜならば、我々が実施しようとしている「スポーツ・フォー・トゥモロー」という新しいプランのもと、日本の若者は、もっとたくさん、世界へ出て行くからです。
 学校をつくる手助けをするでしょう。スポーツの道具を、提供するでしょう。体育のカリキュラムを、生み出すお手伝いをすることでしょう。
 やがて、オリンピックの聖火が2020年に東京へやってくるころまでには、彼らはスポーツの悦びを、100を超す国々で、1000万になんなんとする人々へ、直接届けているはずなのです。
 きょう、東京を選ぶということ。それはオリンピック運動の信奉者を、情熱と、誇りに満ち、強固な信奉者を、選ぶことにほかなりません。スポーツの力によって、世界をより良い場所にせんとするためIOCとともに働くことを、強くこいねがう、そういう国を選ぶことを意味するのです。
 みなさんと働く準備が、私たちにはできています。
 有難うございました。』


首相官邸公式サイト、平成25年9月7日にブエノスアイレスで行われたIOC総会における安倍総理プレゼンテーションへのリンク
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0907ioc_presentation.html


首相官邸公式サイト、平成25年9月7日にブエノスアイレスで行われたIOC総会における安倍総理プレゼンテーションの魚拓
http://megalodon.jp/2013-0922-1407-05/www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0907ioc_presentation.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
二本松市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。