スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(福島第一原発の汚染水漏洩が)なぜ五輪招致前に発覚したのか」by平沢勝栄

2013.09.06.Fri.04:06
2013年9月4日 朝日新聞の記事より引用
『遮水壁建設などに自民から厳しい声 福島原発汚染水対策
2013年9月4日22時35分

 東京電力福島第一原発の汚染水漏れ問題をめぐり、自民党の資源・エネルギー戦略調査会と経済産業部会は4日の合同会議で、安倍政権が3日にまとめた対策について説明を受けた。出席者からは「また起きたら経済産業相が責任をとるのか」などと厳しい意見が相次いだ。

 会議には約20人が出席し、関係省庁の担当者が遮水壁建設などの新たな対策について説明。これに対し、「汚染水は何十年も保管しなければならない。最悪のシナリオを考えて準備をしてほしい」(秋本真利衆院議員)、「最終的に汚染水は(海に)どう放出するかタイムスケジュールを示すべきだ」(笹川博義衆院議員)といった批判的な声が相次いだ。

 河野太郎衆院議員は「東電に資本が残ったまま、国が税金を投入するのは、納税者が東電の株主を助けることになる」。平沢勝栄衆院議員は「なぜ五輪招致前に発覚したのか」と五輪招致への影響を懸念した。』


平沢勝栄1


2013年9月4日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0906-0400-38/www.asahi.com/politics/update/0904/TKY201309040475.html


2013年9月4日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/d795c283
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。