スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「英国には廃炉庁という役所がある。私は前々から日本も廃炉庁を作るべきだと唱えている。原発事故が起き、炉心が溶け出してしまったものを廃炉にするのは、英国でやってきた廃炉よりもさらに難しい。だからこそ、国が責任を持ってやるべきだ。」by塩崎恭久

2013.09.01.Sun.06:49

2013年8月30日 朝日新聞の記事より引用
『「日本も廃炉庁を作るべきだ」自民・塩崎政調会長代理

2013年8月30日20時49分
■塩崎恭久・自民党政調会長代理

 英国には廃炉庁という役所がある。私は前々から日本も廃炉庁を作るべきだと唱えている。原発事故が起き、炉心が溶け出してしまったものを廃炉にするのは、英国でやってきた廃炉よりもさらに難しい。だからこそ、国が責任を持ってやるべきだ。私はそういう仕組みを一つの考え方として検討するように、政府にも投げているところだ。(TBSの番組収録で)』


2013年8月30日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0901-0636-25/www.asahi.com/politics/update/0830/TKY201308300338.html


2013年8月30日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/af1ba21c


2013年8月31日 TBSiニュースの記事より引用
『自民・塩崎氏「政府は廃炉庁つくり、対応を」

 自民党の塩崎政調会長代理は、TBSの番組「時事放談」の収録で、福島第一原発でタンクから高濃度の汚染水が漏れ出している事態などを受け、「政府は廃炉庁をつくり、対応に当たるべきだ」と述べました。

 「イギリスには廃炉庁という役所がある。前々から日本も廃炉庁をつくるべきだと」(自民党 塩崎恭久 政調会長代理)

 塩崎氏は、汚染水問題や原発の廃炉に向けた対策は国が管理して行うべきだとし、廃炉庁の設置を政府に呼びかけていることを明らかにしました。

 また、民主党の玄葉前外務大臣も、「その場しのぎの予備費ではなく、廃炉についての費用は心配ないという仕組みをつくるべきだ」と強調しました。(31日11:06)』



2013年8月31日 TBSiニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0901-0636-51/news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2009301.html


2013年8月31日 TBSiニュースの該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/695d5134
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。