スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各国が独自に設けている食品安全基準の緩和は、環太平洋連携協定(TPP)交渉では議論の対象になっていないが、米国が基準を決める手続きなどの簡素化を求めているので、TPP交渉と並行して進めている日米の2国間協議では焦点になる可能性がある。

2013.08.28.Wed.10:09
2013年8月28日 岐阜新聞の記事より引用
『TPP、食品基準緩和は見送りへ 厳格規制を容認 
 経済/2013年08月28日 09:04 


 【バンダルスリブガワン共同】日本をはじめ各国が独自に設けている食品安全基準の緩和が、環太平洋連携協定(TPP)交渉の議論の対象になっていないことが28日、分かった。基準緩和は見送られる公算が大きく、食品添加物や農産物の残留農薬の一部で国際基準よりも厳しい基準を採用している日本の厳格な規制も容認される見通しになった。

 ただ、米国は基準を決める手続きなどの簡素化を求めており、TPP交渉と並行して進めている日米の2国間協議では焦点になりそうだ。

 食品安全基準はTPPで議論が進んでいる分野の一つだが、ブルネイ交渉会合では作業部会を開く予定がない。』


2013年8月28日 岐阜新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0828-0956-01/www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/economics/CO20130828010009540904021.shtml



2013年8月28日 岐阜新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/81a8c843


2013年8月28日 京都新聞の記事より引用
『日本、米豪と関税協議
TPP、本格折衝は9月

 【バンダルスリブガワン共同】環太平洋連携協定(TPP)交渉会合が開かれているブルネイで、日本が米国、オーストラリアと関税撤廃をめぐる2国間協議を行っていたことが27日、分かった。両国は当初、関税撤廃に応じる品目を提案する準備が整っていないとの理由で協議に難色を示していたが、交渉を急ぎたい日本の強い要望を受け入れた。今回は交渉の進め方などにとどまり、本格折衝は9月以降となる見通し。

 協議は25日までに実施した。米は日本からの輸入品に課している関税を撤廃した場合の影響の分析に時間がかかると説明。(共同通信)

【 2013年08月28日 02時10分 】』


2013年8月28日 京都新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0828-1008-21/www.kyoto-np.co.jp/country/article/20130828000007


2013年8月28日 京都新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/99befd20


他のTPPに関する報道に関しては、拙ブログの以下のエントリーをご参照下さい。
http://politicalarchive.blog.fc2.com/blog-entry-800.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。