スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生労働省は、特別養護老人ホームの入所基準を厳しくし、入所できるのは原則として、手厚い介護が必要で自宅では負担が重い「要介護3」以上の高齢者からとする方針を2013年8月25日付けで固めた。

2013.08.28.Wed.12:05
2013年8月25日 岐阜新聞の記事より引用
『特養「要介護3」から入所へ 厚労省、基準を厳格化する方針
 政治/2013年08月25日 19:59 


 厚生労働省は25日、特別養護老人ホームの入所基準を厳しくする方針を固めた。入所できるのは原則として、手厚い介護が必要で自宅では負担が重い「要介護3」以上の高齢者からとする方向だ。要介護度の低い人は在宅へ、という流れを進め、制度維持のため給付費を抑制するのが狙い。介護保険法を改正して2015年度からの実施を目指す。

 社会保障制度改革国民会議の報告書は、特養の入所者について「中重度者に重点化」と明記。

 厚労省は報告書を踏まえて、特養に入所できる高齢者を要介護3以上の中重度者とし、比較的軽度の要介護1、2の高齢者は新規の入所を制限する。』


2013年8月25日 岐阜新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0828-0849-59/www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/politics/CO20130825010016251959441.shtml


2013年8月25日 岐阜新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/8cd2d165


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。