スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の柳井俊二座長は、2013年8月23日に行われた共同通信の電話インタビューに対し、憲法解釈を変更し集団的自衛権の行使を全面的に容認するよう政府に提言する考えを明言した。

2013.08.24.Sat.03:32
2013年8月23日 岐阜新聞の記事より引用
『柳井座長、防衛出動の要件緩和も 集団的自衛権は全面容認
 政治/2013年08月23日 22:06 

 集団的自衛権の在り方を検討している「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の柳井俊二座長は23日、共同通信の電話インタビューに応じ、憲法解釈を変更し集団的自衛権の行使を全面的に容認するよう政府に提言する考えを明言した。緊急事態に備え、武力攻撃に対処する自衛隊の「防衛出動」の要件を緩和すべきだと指摘。法整備の必要性を提言に盛り込む可能性に言及した。

 集団的自衛権の全面容認を座長が明言したのは初めて。提言の方向性が明確になったといえる。』


2013年8月23日 岐阜新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0824-0439-16/www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/politics/CO20130823010019572206012A.shtml


2013年8月23日 岐阜新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/53b055bc


2013年8月19日 岐阜新聞の記事より引用
『小松長官、内閣全体として結論 集団的自衛権で
 政治/2013年08月19日 20:55 

 小松一郎内閣法制局長官は19日、共同通信のインタビューに応じ、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈見直しの議論について「内閣法制局としても積極的に参加する。十分に熟議して、最終的には内閣全体として結論を出していく」と述べ、法制局単独ではなく、内閣で判断する姿勢を強調した。

 集団的自衛権は、自国と密接な関係のある国が攻撃された場合、自国への攻撃と見なして実力で阻止する権利。内閣法制局は「保有するが行使できない」との憲法解釈を維持してきた。小松氏の発言は、過去の見解との整合性を図りつつ、安倍晋三首相の判断を尊重する姿勢を示した形だ。』


2013年8月19日 岐阜新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0820-0353-10/www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/politics/CO20130819010020942055391A.shtml


2013年8月19日 岐阜新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/10f90965


2013年8月19日 産経新聞の記事より引用
『「法制局としても積極的に参加」、集団的自衛権の行使容認に向けた議論 小松長官
2013.8.19 17:57

 小松一郎内閣法制局長官は19日、共同通信のインタビューに応じ、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈見直しの議論について「内閣法制局としても積極的に参加する」と表明した。

 同時に「今までの政府の憲法解釈も内閣法制局が勝手に決めてきたことではない。内閣全体として結論を出していく」と述べ、法制局単独ではなく、内閣で判断する姿勢を強調した。

 集団的自衛権は、自国と密接な関係のある国が攻撃された場合、自国への攻撃と見なして実力で阻止する権利。内閣法制局はこれまで「保有するが行使できない」との憲法解釈を示してきた。』


2013年8月19日 産経新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0820-0401-57/sankei.jp.msn.com/politics/news/130819/plc13081918000007-n1.htm


2013年8月19日 産経新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/b9ee2d08


2013年8月17日 岐阜新聞の記事より引用
『海外派兵につながらずと防衛相 集団的自衛権行使で
 政治/2013年08月17日 10:35 


 小野寺防衛相は17日、集団的自衛権の憲法解釈見直しをめぐり、行使を容認した場合でも、武力行使を目的にした自衛隊の海外派兵にはつながらないとの認識を示した。TBS番組で「決して他国に武力行使に行くことはない」と言明。他国から要請があっても「自発的に(集団的自衛権を行使)できる、できないと判断する」と述べた。

 政府の憲法解釈見直しに向けては「日本を守るために公海上に出ている米艦船が攻撃されても、今の憲法解釈では個別的自衛権で対応するのはかなり難しい」と指摘。「日本の代わりに対応してくれる米艦船を守るという議論は大切だ。問題提起をしないといけない」と語った。』


小野寺五典1


2013年8月17日 岐阜新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0820-0710-02/www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/politics/CO20130817010009871035151.shtml


2013年8月17日 岐阜新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/a58847db



集団的自衛権に関する他の報道に関しては、拙ブログの以下のエントリーをご参照下さい。
http://politicalarchive.blog.fc2.com/blog-entry-783.html


国際勝共連合
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。