スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力規制庁は2013年8月19日、福島第1原発のタンクから少なくとも120リットルの高濃度の汚染水が漏えいしたと発表した。

2013.08.20.Tue.02:33
2013年8月20日 ロイターの記事より引用
『訂正:福島第1の汚染水漏れ、8000万ベクレルの超高濃度
2013年 08月 20日 21:46 JST
[東京 20日 ロイター] - 東京電力(9501.T: 株価, ニュース, レポート)は20日、福島第1原発のタンクから高濃度の汚染水が漏れていた問題で、タンクからの漏えい量が約300トンに上ると発表した。

漏えいした汚染水から、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり8000万ベクレルと、極めて高い濃度が検出された。漏えい箇所は特定できておらず、漏えいは続いていると同社は説明している。

19日午前、パトロール中の東電社員が汚染水貯蔵タンクから水が出ているのを発見。当該タンクの水位を確認したところ約3メートル低下しているのを確認し、約300トン(訂正)の漏えいと判断した。漏れた汚染水の大半が周辺の土壌に浸み込んだとみている。

過去4回、貯蔵タンクから漏えいがあったが、今回が最大だという。海への流出の可能性については東電は否定的な見解を示しているが、調査を進めるとしている。

福島第1では、原子炉冷却で使われた水を放射性物質を濾し取る装置に通し、濃度が低くなった水を再び冷却で使う。東電は、当該タンクについて、循環冷却の過程で出てきた濃度の高い汚染水を貯蔵していたと推定している。

原子力資料情報室の古川路明・理事(名古屋大名誉教授)はロイターの取材で、1リットル当たり8000万ベクレルという濃度について、「莫大な量だ。(汚染水の)状況は悪化している」と述べた。

(浜田健太郎)

* 本文第3段落を「300トン」に訂正します。』



2013年8月20日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0821-0316-08/jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97J05R20130820

2013年8月20日 ロイターの該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/8858a1ce


2013年8月20日 AFP通信の記事より引用
『高濃度汚染水300トン、タンクから漏えい 福島第1原発
2013年08月20日 16:37 発信地:福島

【8月20日 AFP】東京電力(TEPCO)は20日、福島第1原子力発電所の放射性汚染水を保管している地上タンクから、高濃度の汚染水が漏れ出ていることを明らかにした。同社によると、水面から約50センチ上の位置で計測した汚染水の放射線量は毎時約100ミリシーベルトで、人間の健康に悪影響を及ぼす危険性がある。

 同社と原子力規制委員会(Nuclear Regulation Authority、NRA)によると、広大な敷地に設置された巨大な貯蔵タンクの1つから、約300トンの汚染水が流出したとされ、漏えいは現時点でも続いているとみられている。

 東電は汚染水の海への流出の可能性については否定しているものの、規制委員会は排水溝から流れ出た可能性についても調査するよう命じた。また、今後の流出拡大を防ぐため、汚染水が染み込んだ土を回収するほか、周辺環境の監視を強化するよう指示したという。

 規制委員会は現時点の状況について、0~7で評価する国際的な事故評価尺度で下から2番目のレベル1と暫定の評価を下した。』



2013年8月20日 AFP通信の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0820-2125-51/www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2962865/11221777


2013年8月20日 AFP通信の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/d36362f7




2013年8月19日 ロイターの記事より引用
『福島第1原発、タンクから高濃度汚染水が漏えい=原子力規制庁
2013年 08月 19日 22:17 JST

[東京 19日 ロイター] - 原子力規制庁は19日、東京電力(9501.T: 株価, ニュース, レポート)福島第1原発のタンクから高濃度の汚染水が漏えいしたと発表した。同庁担当者によると少なくとも120リットルが漏れた。海への流出は確認されていないとしている。

東電によると、19日午前9時50分頃、パトロール中の同社社員が汚染水貯留タンクのせき(コンクリート製)の弁から水が出てるのを発見。規制庁によると、せきの外側2カ所で汚染水の水たまり(計120リットル)を確認した。

規制庁の保安検査官が確認したところによると、水たまり周辺の空間放射線量は毎時20ミリシーベルトと高い数値だという。汚染水自体の放射性物質の濃度は未確認。

漏れた場所は特定できていないという。同庁担当者はロイターの取材に対し、「漏れを特定して止めていないので、漏えいが続いている可能性はある。保安検査官が目視で確認したところ、水たまりが大きくなっている状況やタンクから(汚染水が)にじみが出ていることは確認されていない」と説明した。

原子力規制委員会は今回の汚染水漏れについて、国際原子力・放射線事象評価尺度(INES)のレベル1の「逸脱」に当たると暫定評価するとともに、東電に対して漏えい箇所の早期特定とモニタリングの強化、汚染土の回収を指示した。』


2013年8月19日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0820-0334-35/jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE97I00Q20130819


2013年8月19日 ロイターの該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/c19b0924



2013年8月17日 岐阜新聞の記事より引用
『首相ゴルフがざんまい 夏休み後半、英気養う
 政治/2013年08月17日 20:37 

 山梨県の別荘で静養中の安倍晋三首相がゴルフざんまいの日々を送っている。夏休み前半の10、11日に続き、16、17日も森喜朗元首相や閣僚、財界人らとゴルフに興じ、ご満悦の様子だった。

 10日から始まった首相の夏休みは、15日の終戦記念日を挟み、後半入り。16日には森元首相や茂木敏充経済産業相、石原伸晃環境相らとプレー。17日も昭恵夫人と共に、古森重隆富士フイルムホールディングス会長夫妻とゴルフを楽しんだ。18日もプレーする予定だ。

 首相は10、11日にも別荘近くのゴルフ場で本田悦朗内閣官房参与や秘書官らとプレーした。』



2013年8月17日 岐阜新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0820-0343-47/www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/politics/CO20130817010015332037181A.shtml


2013年8月17日 岐阜新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/13944522
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。