スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主、みんな、共産、生活、社民の野党5党は麻生太郎副総理の「ナチス発言」に抗議する声明をまとめ、菅義偉官房長官に声明を渡そうとしたが、首相官邸は2013年8月7日、5党の代表に対し、「約束がない」として門前払いにした。

2013.08.08.Thu.12:05
2013年8月7日 朝日新聞の記事より引用
『麻生ナチス発言の抗議受け取らず 官邸、5野党門前払い
2013年8月7日19時24分
 民主、みんな、共産、生活、社民の野党5党は麻生太郎副総理の「ナチス発言」に抗議する声明をまとめ、菅義偉官房長官に声明を渡そうとしたが、首相官邸は7日、5党の代表に対し、「約束がない」として門前払いにした。

 声明は麻生氏の発言を「ナチズムを肯定する釈明の余地のない暴言」と批判し、安倍晋三首相に麻生氏の罷免(ひめん)を要求。5党の国会対策委員長は7日午後、声明を菅官房長官に手渡すため官邸を訪ねたが、正門前で職員に制止された。

 民主党の高木義明国対委員長は官邸前で記者団に「数の力で聞く耳を持たず、野党を相手にしない横暴には屈するわけにいかない」と怒りをあらわにした。一方、政府高官は「麻生氏はナチスを肯定していない。(声明は)事実誤認が甚だしい。受け取ることさえもできないひどい内容だった」と説明した。』


2013年8月7日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0807-2258-40/www.asahi.com/politics/update/0807/TKY201308070389.html


2013年8月7日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/01828c66


2013年8月7日 山形新聞の記事より引用
『野党5党、麻生氏罷免で共同声明 維新は参加見送る
2013年08月07日 12:42
 民主党とみんなの党、共産党、生活の党、社民党の5党は7日、麻生太郎副総理兼財務相が憲法改正に絡みナチス政権を引き合いに発言した問題をめぐり麻生氏の自発的な辞任か、安倍首相による罷免を要求する共同声明を発表した。午後に5党の国対委員長が首相官邸に届ける。

 菅官房長官は午前の記者会見で「麻生氏は(発言を)訂正している」と応じない考えを強調した。

 声明は各党首らが署名し、麻生氏の発言に関し「ナチズムを肯定する釈明の余地がない暴言で、国際社会におけるわが国の信頼を大きく傷つけた」と厳しく非難した。

 日本維新は、罷免要求は時期尚早として共同声明への参加を見送った。』


2013年8月7日 山形新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0808-0402-15/yamagata-np.jp/news_core/index_pr.php?kate=Politics&no=2013080701001293


2013年8月7日 東京新聞の記事より引用
『【政治】
「ナチ発言」追及 与党逃げ 国会審議なしで終了 なぜ?

2013年8月7日 朝刊

 自民、公明両党は六日の与野党国対委員長会談で、野党側が改憲に絡んで戦前ドイツのナチス政権を引き合いに出した麻生太郎副総理兼財務相を追及するために求めていた衆院予算委員会の集中審議開催を拒否した。今月二日に召集された臨時国会は、与野党が論戦を交わさないまま、七日に閉会する。(中根政人)


 Q なぜこんなに国会の会期が短いのか。


 A 今国会は、先月の参院選の結果に基づいて正副議長を選出するなど、参院の構成を決めるのが開会の目的で召集されていたからだ。


 Q 会期が短いのは異例ではないわけだ。


 A 憲法や国会法は参院選や任期満了で実施された衆院選の後には臨時国会を召集しなければならないと定めている。通常、こうした場合は「院の構成」だけで終わるケースが多い。もちろん、短い会期内でも法案審議することを妨げるわけではない。


 Q 野党はどうして予算委を開くよう求めたのか。


 A 麻生氏の発言で政府・与党を追及したかったからだ。予算委は本来、政府の予算案を審議する場だが、「すべての政策案件は予算によって裏打ちされている」との理由で、議論できるテーマに制限はない。


 Q 与党が要求に応じなかった理由は。


 A 「麻生氏はすでに遺憾(いかん)の意を表明し、発言を撤回している」というのが表向きの理由だが、問題を長期化させたくないのが本音だろう。


 Q 先の通常国会では重要法案が相次ぎ廃案となった。速やかな法案審議が必要だったのではないか。


 A 廃案となった法案には、電力システム改革に向けた電気事業法改正案のように、国のエネルギー政策を左右するものもあった。特別国会でも審議をしようと思えばできたのに、手つかずだった。


 Q 司法から違憲・無効との判断が下された衆院選挙制度の「一票の格差」をめぐる議論もたなざらしだ。


 A 与野党は定数削減と抜本改革について参院選後、速やかに各党間協議を再開することで合意したが、まだ始まっていない。


 Q 野党が求めている「閉会中審査」とは何か。


 A 国会の会期が終わっても法案などを委員会で審議できるようにする手続きだ。予算委を開いて麻生氏の発言を議題にすることも可能だが、与党側は応じるつもりはない。』


2013年8月7日 東京新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0809-1535-30/www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013080702000115.html


2013年8月7日 東京新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/616613ab


2013年8月2日 ロイターの記事より引用
『麻生氏「辞職するつもりない」
2013年 08月 2日 11:49 JST

 麻生太郎財務相は2日、閣議後の記者会見で、憲法改正に絡み戦前ドイツのナチス政権を引き合いにした自身の発言に関して「ナチスを例示したのは不適切ということなので取り下げる」とあらためて説明した。一方で、野党から議員辞職を求める声が出ていることに対しては「辞職するつもりはない」と述べた。麻生氏は「憲法改正は落ち着いた中で静かに議論するという考えは撤回するつもりはない」と強調した。』


2013年8月2日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0802-2309-25/jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2013080201001394

2013年8月2日 ロイターの該当記事のアーカイブ
http://www.peeep.us/d7a93a07


2013年7月30日 日経新聞の記事より引用
『 会見巡りナチスを引き合いに 麻生副総理
2013/7/30 2:15

 麻生太郎副総理兼財務相は29日夜、都内で講演し、憲法改正をめぐり戦前ドイツのナチス政権時代に言及する中で「ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」と述べた。「けん騒の中で決めないでほしい」とし、憲法改正は静かな環境の中で議論すべきだと強調する文脈の中で発言した。〔共同〕』


麻生太郎72


2013年7月30日 日経新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0730-0542-25/www.nikkei.com/article/DGXNZO57891250Q3A730C1PP8000/


2013年7月30日 zakzakの記事より引用
『麻生氏、舌禍復活… 改憲でナチスを引き合いに
2013.07.30
 麻生太郎副総理兼財務相に舌禍が戻ってきた。29日夜、都内で講演し、憲法改正をめぐり戦前ドイツのナチス政権時代に言及して「ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」と述べたのだ。

 当初、麻生氏は「護憲と叫んで平和がくると思ったら大間違いだ。改憲の目的は国家の安定と安寧。改憲は単なる手段だ」と強調した。

 そのうえで、「騒々しい中で決めてほしくない。落ち着いて、われわれを取り巻く環境は何なのか、状況をよく見た世論の上に憲法改正は成し遂げられるべきだ」と至極当然のことを言いながら、なぜか文脈の中でナチス政権を引き合いに出したのだ。

 自身の政権も舌禍で短命に終わったが、このままでは安倍政権のアキレス腱となりかねない。』

2013年7月30日 zakzakの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-0730-2319-30/www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130730/plt1307301212004-n1.htm
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。