スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(カジノ法案に関しては)引き続き参議院でも審議が続くわけであり、政府としては国会の審議の行方をしっかり見守っていきたい。観光立国を目指すわが国にとって、(カジノの創設によって)観光振興、地域振興、産業振興などが期待される」by菅義偉

2016.12.08.Thu.23:56
2016年12月6日 NHKニュースの記事より引用
『カジノ含むIR法案可決 官房長官「審議の行方を見守る」
12月6日 16時47分

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案が、衆議院本会議で賛成多数で可決されたことについて、菅官房長官は午後の記者会見で、「引き続き参議院でも審議が続くわけであり、政府としては国会の審議の行方をしっかり見守っていきたい。観光立国を目指すわが国にとって、観光振興、地域振興、産業振興などが期待される」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は衆議院本会議の採決で、与党公明党の議員の間で賛否がわかれたことについて、「公明党は自主投票だと伺っているので、ある意味で当然のことではないか」と述べました。
また、菅官房長官は、民進党などが審議時間の短さを批判していることについて、「審議は国会の委員会で決めるわけであり、国会の合意の中で行われる。政府の立場で発言することは控えたい」と述べました。』



2016年12月6日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/SG8bU
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。