スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(1人当たり3万円の給付型奨学金の)財源の問題は、今の段階でめどがついているわけではないが、政府内で財源を確保する努力をするよう要請したい」by渡海紀三朗

2016.11.24.Thu.23:46
2016年11月22日 NHKニュースの記事より引用
『自公 給付型奨学金 月3万円軸に生活環境考慮
11月22日 21時29分

自民・公明両党の作業部会は、所得の少ない世帯の大学生などを対象にした、返済のいらない給付型奨学金について、給付額は月額3万円を軸とし、私立や国公立の違いのほか、親元から離れて学校に通っているかなど生活環境を考慮したうえで決めることを確認しました。
自民・公明両党は、所得が少ない世帯の大学生などを対象にした返済のいらない給付型奨学金の創設に向け、本格的な運用が始まる平成30年度以降について、給付額や対象者などの制度設計を検討してきました。

そして、22日合同の作業部会を開き、給付額はこれまで自民党が主張してきた月額3万円を軸とし、私立や国公立の違いのほか、親元から離れて学校に通っているかなど生活環境を考慮したうえで、決めることを確認しました。

また親からの支援がない児童養護施設の出身者などについては、公明党からの意見を踏まえて、特段の配慮を行うことを確認し、近く政府に提言することになりました。

そして、対象となる学生の具体的な給付額や、成績の基準など、制度の詳細は政府与党で調整を続けることになりました。

自民党の作業部会の座長を務めている渡海元文部科学大臣は記者団に対し、「財源の問題は、今の段階でめどがついているわけではないが、政府内で財源を確保する努力をするよう要請したい」と述べました。』


2016年11月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/3eDyQ
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。