スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の立場を説明していく必要がある。日米同盟の深化、強化はアメリカにとっても利益であり、日本は応分の負担もしている。日本の防衛力を質、量ともに強化していくことなどを説明していきたい」by稲田朋美

2016.11.13.Sun.23:13
2016年11月13日 NHKニュースの記事より引用
『外相と防衛相 トランプ氏に外交・安保政策の理解促したい
11月13日 11時40分

岸田外務大臣と稲田防衛大臣はNHKの番組「日曜討論」で、今週行われる安倍総理大臣とトランプ次期大統領との会談では、首脳間の信頼関係を構築し、日米同盟の重要性など日本の外交・安全保障政策への理解を促したいという考えを示しました。
この中で、岸田外務大臣は、トランプ次期大統領の就任による日米同盟への影響について、「アジア太平洋地域は国際社会でも最も成長著しい、活力ある地域だ。この地域との関係を維持することはアメリカの国益でもある」と述べました。そのうえで、岸田大臣は、今週17日に調整されている安倍総理大臣とトランプ氏との会談について、「信頼関係をしっかり作っていくために重要な会談になる。合わせて、日本の外交における日米同盟の重要性など、基本的な立場をしっかりインプットする機会としても活用したい」と述べました。

また、岸田大臣は、沖縄県の尖閣諸島について、「日本の施政権が及ぶ地域では日米安保条約の5条が適用される。日米間で再三確認しており、この基本的な考え方はこれからも変わらない」と述べ、新政権にも引き継がれるという考えを示しました。

また、稲田防衛大臣は、「日本の立場を説明していく必要がある。日米同盟の深化、強化はアメリカにとっても利益であり、日本は応分の負担もしている。日本の防衛力を質、量ともに強化していくことなどを説明していきたい」と述べました。

一方、稲田大臣は、南スーダンに派遣される自衛隊の部隊に付与する方針の「駆け付け警護」について、「今までは法的根拠がなく、訓練もしていない中で保護した事例がある。そういう場合のことを考え、法的な根拠を与え、訓練もし、助けられる人は保護することを認めていこうということだ」と述べました。そのうえで稲田大臣は、「人道的見地から対応できる人を見殺しにしないというのが『駆け付け警護』で、そのための訓練はやっている。自衛隊員に新しい任務を与える重大さや政治の責任はしっかりと認識していかなければならない」と述べました。』


2016年11月13日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/gqfoc


【管理人コメント】
岸田文雄氏は、「アジア太平洋地域は国際社会でも最も成長著しい、活力ある地域だ。この地域との関係を維持することはアメリカの国益でもある。(安倍総理とトランプ氏との会談に関しては)信頼関係をしっかり作っていくために重要な会談になる。合わせて、日本の外交における日米同盟の重要性など、基本的な立場をしっかりインプットする機会としても活用したい」と発言している。
仮に、アジア太平洋地域との関係を維持することがアメリカの国益であったとしても、米国の組む相手は、日本だけではない。少子高齢化で高齢者ばかりになり、市場としての発展の可能性の乏しい日本と組むよりは、米国側としては、若い人材が多く市場としての可能性を秘めたインドや中国と組んだ方がメリットが大きいと考えても何ら不思議は無い。
また、稲田朋美氏は、「日本の立場を説明していく必要がある。日米同盟の深化、強化はアメリカにとっても利益であり、日本は応分の負担もしている。日本の防衛力を質、量ともに強化していくことなどを説明していきたい」と発言している。話を聞くだけならば聞くだろうが、こちら側の想いを伝えるだけでは相手側の理解が得られるとは限らない。
稲田朋美防衛大臣は、日本側も応分の負担をしていると主張するが、米国側はそれを知った上で足りないから全額負担しろと言っているのではないか?その場合、日本側はイエスかノーかの二者択一を強いられるが、全額負担しろと言ってこちらが拒否したら交渉決裂するのは確実であろう。
稲田朋美氏には、交渉決裂後のきちんとした見通しはあるのだろうか?強い疑念を抱かざるを得ない。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。