スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三政権は、低所得世帯の生徒の進学を後押しする観点から、無利子の奨学金に関し、成績の基準を実質的に撤廃し、来年度から学校推薦があれば受給できるようにする方針を固めた。

2016.10.27.Thu.23:46
2016年10月26日 NHKニュースの記事より引用
『無利子奨学金 成績基準を実質撤廃し近く募集へ
10月26日 5時18分
無利子奨学金 成績基準を実質撤廃し近く募集へ動画を再生する
政府は、低所得世帯の生徒が大学などに進学することを後押しするため、無利子の奨学金について、これまで設けていた成績の基準を実質的に撤廃し、来年度からは学校推薦があれば受給できるようにする方針を固め、近く募集が行われることになりました。
大学や専門学校などに進学する生徒を対象とした無利子の奨学金を受給するには、これまで、基準となる世帯所得を下回っていることや、高校の成績が5段階評定で平均3.5以上という条件を満たす必要がありました。

これについて、安倍総理大臣は先月の所信表明演説で、「来年度から、成績にかかわらず、必要とするすべての学生が、無利子の奨学金を受けられるようにする」などと述べ、政府内で検討を進めていました。
その結果、政府は無利子の奨学金について、平均3.5以上という成績の基準を実質的に撤廃し、来年度からは学校推薦があれば受給できるようにする方針を固め、近く募集が行われることになりました。

政府は、現在、検討を進めている返済のいらない「給付型奨学金」と併せて、経済的事情により進学を断念せざるをえない生徒の進学を後押したい考えです。

ただ、無利子の奨学金をめぐっては、基準を満たしながら予算不足のため、今年度、希望者のうちおよそ2万4000人が受給できなかったことを踏まえ、財源の確保が今後一層課題となりそうです。』


2016年10月26日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/zPnoT


【管理人コメント】
無利子奨学金を受け取る際に、学校推薦が必要という時点で、一定以上の成績が求められるのは明らかである。あたかも成績基準が存在しないかのような報道はミスリードと言わざるを得ない。
財源が限られているので、低所得の家庭の学生に対する無利子奨学金や給付型奨学金に成績基準を設けるべきだと言う方が居る。ならば、遥かに数の多い高齢者への年金財源も限られているので、高齢者に知能テストを導入し、該テスト結果が一定の基準を満たさない場合には年金を給付しないか、貸付金にする等した方が支出削減に繋がるのではないだろうか。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。