スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憲法は国家の基本であり、衆参両院の憲法審査会では政局から離れて自由闊達に議論し、憲法改正の発議案を国民にわかりやすい形でまとめていってもらうことを期待したい」by安倍晋三

2016.10.26.Wed.23:46
2016年10月26日 NHKニュースの記事より引用
『首相 憲法改正発議へ冷静な議論を期待
10月26日 12時59分

安倍総理大臣は、総理大臣官邸で、自民党の憲法改正推進本部の本部長を務める保岡元法務大臣と会談し、憲法改正の発議に向けて、国会の憲法審査会で政局に左右されずに冷静な議論が進むことに期待を示しました。
この中で、自民党の憲法改正推進本部の保岡本部長は、先週開いた推進本部の会合で、憲法改正をめぐる国会論議にあたっては、党の憲法改正草案を撤回しないものの、国会には提案せず、各党との合意形成を図る方針を確認したことなどを報告しました。

これに対し、安倍総理大臣は「憲法は国家の基本であり、衆参両院の憲法審査会では政局から離れて自由闊達(かったつ)に議論し、憲法改正の発議案を国民にわかりやすい形でまとめていってもらうことを期待したい」と述べ、憲法改正の発議に向けて、国会の憲法審査会で、政局に左右されずに冷静な議論が進むことに期待を示しました。

また、保岡氏によりますと、安倍総理大臣は「自分は政局の渦中にいるので党に任せるが、政局から離れた環境作りを大事にして、国民に憲法改正を理解してもらえるように進めてもらいたい」と述べたということです。』



2016年10月26日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/qNGjc


【管理人コメント】
自民党憲法草案の根底に流れる国民に人権など認めるのはけしからんという思想は、それが各政治家の内心に留まる限りにおいては自由であるが、安定多数を得たからと言ってその思想を実現に移そうとするのは、主権者たる国民に対する背信行為そのものである。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。