スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の歴史の中で女性の天皇というのはいたが、その子どもに皇位を継がせることはなかった。長い歴史の中で続いてきたものを大事にしていくことが重要だと思っているので、この問題について皇室典範を変える必要はない」by加藤勝信

2016.10.25.Tue.23:46
2016年10月21日 NHKニュースの記事より引用
『加藤一億総活躍相 女系天皇認めるべきではない
10月21日 18時32分

加藤一億総活躍担当大臣は東京都内で講演し、天皇陛下の生前退位などについて政府の有識者会議での検討が始まったことに関連し、今の皇室典範で認められていない女系天皇は、引き続き認めるべきではないという考えを示しました。
この中で加藤一億総活躍担当大臣は、天皇陛下の生前退位などについて、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」での議論が始まったことに関連し、「日本の歴史の中で女性の天皇というのはいたが、その子どもに皇位を継がせることはなかった」と述べました。
そのうえで加藤大臣は、「長い歴史の中で続いてきたものを大事にしていくことが重要だと思っているので、この問題について皇室典範を変える必要はない」と述べ、今の皇室典範で認められていない女系天皇は引き続き認めるべきではないという考えを示しました。
政府の有識者会議では、従来からの課題となっている女性・女系天皇については検討しないことになっています。』



2016年10月21日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/JhHwh

【管理人コメント】
安倍晋三総理は、皇室の問題に関して予断を持たずに検討と言っていた筈だが、担当大臣でもない者が女系天皇は認めるべきではない等という発言をするのを認めて良いのか?安倍晋三総理は、加藤勝信を罷免すべきでは無いのか?
それだけではなく安倍晋三総理は『今までのやり方が上手く行かないから問題が起きているのだ。古いやり方を改めて時代に沿って変えて行くことが必要だ』という主旨の発言を国内外で繰り返し、わが国の教育、医療、労働法制、憲法等、全てを変えようとしている。皇室問題だけ時代に沿って変えていく視点を持たなくていいのだろうか?
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。