スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「経済成長は民間企業の競争によって生み出されるが、政府の役割は徹底して自由でフェアなルールを整備することであり、経済連携協定(日中韓FTA)を推進することが重要だ」by麻生太郎

2016.10.11.Tue.23:55
2016年10月10日 NHKニュースの記事より引用
『麻生副総理「日中韓FTAの早期締結を」 韓国で講演
10月10日 13時12分

麻生副総理兼財務大臣は訪問先の韓国で講演し、経済成長を実現するためには自由で公平な貿易のルール作りが欠かせないとして、日本と中国、韓国のFTA=自由貿易協定の早期締結など、各国が政治的なリーダーシップを発揮して協力し合うべきだという考えを示しました。
この中で、麻生副総理兼財務大臣は世界経済の現状について「今、世界経済は一時期に比べると波静かで平穏な小康状態だが、重要なのは危機が去った平時に何を行っておくかだ。こういうときこそ、中長期の視点に立って競争と協調の最適なバランスを目指した政策対話を行う必要がある」と述べました。

そのうえで麻生副総理は「経済成長は民間企業の競争によって生み出されるが、政府の役割は徹底して自由でフェアなルールを整備することであり、経済連携協定を推進することが重要だ」と述べ、日本と中国、韓国のFTA=自由貿易協定の早期締結などに向けて、各国が政治的なリーダーシップを発揮して協力し合うべきだという考えを示しました。』



2016年10月10日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/6mTww
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。