スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三政権は、働き方改革の実現に向けて、2016年9月下旬に設置する「働き方改革実現会議」のメンバーとして、一億総活躍会議の委員であり、三世代同居推進派の生稲晃子さん(俳優)を起用する方針である。

2016.09.11.Sun.23:34
2016年9月11日 NHKニュースの記事より引用
『働き方改革実現会議に生稲晃子さん起用へ
9月11日 4時00分

政府は、働き方改革の実現に向けて、今月下旬にも設置する「働き方改革実現会議」のメンバーに、乳がんの治療を受けながら、がんの早期発見などの啓発活動に携わっている俳優の生稲晃子さんを起用する方向で調整を進めています。
政府は、安倍総理大臣が重要課題として掲げる働き方改革の実現に向けて、今月2日に内閣官房に政策の立案などにあたる「働き方改革実現推進室」を設けたのに続いて、今月下旬にも有識者らによる「働き方改革実現会議」を設置する方針で、人選を進めています。
そして、経団連の榊原会長や、連合の神津会長ら、労使双方の代表を起用する方針を固めたのに続いて、新たに俳優の生稲晃子さんを起用する方向で調整を進めています。
生稲さんは、5年前に乳がんと診断され、2度の再発を経て、3年前、右の乳房をすべて摘出する手術を受けたことを去年公表し、現在は、乳がんの治療を受けながら、がんの早期発見などの啓発活動に携わっています。政府は、生稲さんを起用することで、病気の治療を受けながら仕事を続けられる環境の整備について議論を深めるとともに、働き方改革に対する国民の関心を高めたい考えです。』



2016年9月11日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/l9AXz
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。