スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TICAD参加のため、ケニアを訪問中の安倍総理大臣は、ケニアで行われたセネガルのマッキー•サル大統領との会談で、セネガル国民の生活環境を改善する観点から、海水を生活用水に使えるよう淡水化する計画に274億円の円借款を供与する意向を伝えた。

2016.09.02.Fri.23:50
2016年8月27日 NHKニュースの記事より引用
『首相 セネガルの海水淡水化計画などに円借款
8月27日 23時24分
ケニアを訪れている安倍総理大臣は、セネガルのサル大統領と会談し、国民の生活環境を改善するため、海水を生活用水に使えるよう淡水化する計画におよそ274億円の円借款を供与する意向を伝えました。
TICAD=アフリカ開発会議に出席するためケニアを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の27日午後、セネガルのサル大統領と会談しました。
この中で安倍総理大臣は、セネガル国民の生活環境を改善するため、海水を生活用水に使えるよう淡水化する計画におよそ274億円の円借款を供与するとともに、必要な医療や保健サービスを受けられるようおよそ84億円の円借款を供与する意向を伝えました。
これに対し、サル大統領は謝意を示したうえで、農業や漁業など幅広い分野で引き続き支援を受けたいと期待を示しました。

これに先立って安倍総理大臣は、マダガスカルのラジャオナリマンピアニナ大統領と会談し、港の拡張事業におよそ452億円の円借款を供与し、日本企業の技術を生かした質の高いインフラ整備への投資を促進する考えを示しました。
また、両首脳は、日本の常任理事国入りをはじめとする、国連安全保障理事会の改革の実現などについて意見を交わしました。』



2016年8月27日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/D0f38
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。