スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおさか維新の会の前の代表の橋下前大阪市長、松井一郎大阪府知事、馬場伸幸幹事長は、2016年7月30日夜、東京都内で安倍晋三総理と会談し、憲法改正に関して与党から呼びかけがあれば、国会の憲法審査会での議論に積極的に応じる考えを伝えた。

2016.07.31.Sun.23:48
2016年7月31日 NHKニュースの記事より引用
『維新が改憲議論に応じる考え 首相に伝える
7月31日 6時14分

安倍総理大臣は30日夜、東京都内で、おおさか維新の会の前の代表の橋下前大阪市長らと会談し、おおさか維新の会側は憲法改正を巡って、与党から呼びかけがあれば、国会の憲法審査会での議論に積極的に応じる考えを伝えました。
会合は菅官房長官と、おおさか維新の会の代表を務める大阪府の松井知事、馬場幹事長も同席し、およそ3時間にわたって行われました。
会談では先の参議院選挙で、自民・公明両党と憲法改正に賛成するおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党で、改正の発議に必要な参議院全体の3分の2の議席を確保したことを踏まえ、今後の議論の進め方を巡って意見を交わしました。
この中で、おおさか維新の会側は与党から呼びかけがあれば、国会の憲法審査会での議論に積極的に応じる考えを伝えました。
また、代表の松井氏は参議院で、おおさか維新の会単独で法案を提出できるようになったことから今後、国会議員の歳費を削減するための法案などを議員立法として提出していく方針を示しました。』




2016年7月31日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/GgXee
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。