スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今回の事件で逮捕された容疑者のような人物が、軍属という形で地位協定によって守られ保護されているのはおかしい。地位協定については運用の改善という形で取り組んできたが、安倍政権になって、例えば『環境補足協定』のような、事実上の地位協定の改定を行うことができた。沖縄県民の気持ちに寄り添い成果を挙げていきたい」by安倍晋三

2016.06.23.Thu.22:23
2016年6月23日 NHKニュースの記事より引用
『首相 日米地位協定の実質的改定目指す考え
6月23日 15時22分

安倍総理大臣は沖縄県糸満市で記者団に対し、日米地位協定について、沖縄県で女性が殺害された事件を踏まえ、地位協定を補足する新たな協定を結ぶことなどで実質的な改定を目指す考えを示しました。
沖縄県で女性が殺害されアメリカ軍の軍属の男が逮捕された事件を受けて、日米両政府は、日本に駐留するアメリカ軍関係者の地位や犯罪の取り扱いなどを定めた日米地位協定の対象者の範囲を見直す方向で協議を始めています。
これについて安倍総理大臣は「今回の事件で逮捕された容疑者のような人物が、軍属という形で地位協定によって守られ保護されているのはおかしい」と述べました。そのうえで「地位協定については運用の改善という形で取り組んできたが、安倍政権になって、例えば『環境補足協定』のような、事実上の地位協定の改定を行うことができた。沖縄県民の気持ちに寄り添い成果を挙げていきたい」と述べ、地位協定を補足する新たな協定を結ぶことなどで実質的な改定を目指す考えを示しました。
日米両政府は、沖縄の基地負担の軽減策の一環として、当時の仲井真知事の要請に基づき、在日アメリカ軍の基地やその周辺の環境保全を図るため、日米地位協定を補足する「環境補足協定」を結んでいます。』



2016年6月23日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/KCEqe


安倍晋三総理大臣は、「今回の事件で逮捕された容疑者のような人物が、軍属という形で地位協定によって守られ保護されているのはおかしい。地位協定については運用の改善という形で取り組んできたが、安倍政権になって、例えば『環境補足協定』のような、事実上の地位協定の改定を行うことができた。沖縄県民の気持ちに寄り添い成果を挙げていきたい」と述べている。
沖縄県で将来ある若い女性を殺害して逮捕された容疑者が、軍属という形で地位協定によって守られ保護されているのはおかしいと言うのはその通りである。
安倍晋三政権になって、例えば『環境補足協定』のような、事実上の地位協定の改定を行うことができたと言うが、環境補足協定は、環境汚染に関連する協定であり、日本の当局が米軍の施設に立ち入ることが可能なのは、環境に影響を及ぼす事故(漏出)が現に発生した場合、又は施設・区域の返還に関連する現地調査(文化財調査を含む。)を行う場合であって、今回のような犯罪行為があった場合は立ち入りの対象とはなっていない。かかる犯罪捜査とは全く無関係な環境補足協定を例示して恰も地位協定が改善されているかのように振る舞うのは、一般的な日本国民を欺こうという意図があると考えても良いのではないだろうか?
更に、安倍晋三総理は、「沖縄県民の気持ちに寄り添い成果を挙げていきたい」と言うが、今まで一度でも寄り添って来たことがあったであろうか?札束で顔を叩こうとしたり、恫喝したりはあったように見えるが、寄り添おうとしたことは知る限り一度も無いのではないだろうか。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。