スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ASEMでは、イギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱の話などに興味がある国が多い。日本が消費税率の引き上げを延期して、財政再建に対する意欲がなくなったと疑われると、日本の国債が売られたりすることにもなりかねない。財政再建の旗印を掲げて2020年度までに基礎的財政収支を黒字化するという目標をきちんと説明しないといけない」by麻生太郎

2016.06.16.Thu.22:49
2016年6月7日 NHKニュースの記事より引用
『麻生氏“ASEMで財政健全化に理解求める”
6月7日 13時12分

麻生副総理兼財務大臣は7日の閣議のあとの記者会見で、今週、モンゴルで開かれるASEM=アジア・ヨーロッパ会議の財務相会合で、日本が消費税率の10%への引き上げの時期を再延期しても財政健全化の目標を変えない方針を説明し、各国に理解を求める考えを示しました。
ASEMの財務相会合は、今週10日、モンゴルのウランバートルで開かれ、アジアとヨーロッパの51か国の閣僚らが出席し、世界経済などをテーマに議論が行われます。
これについて、麻生副総理兼財務大臣は閣議のあとの記者会見で「ASEMでは、イギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱の話などに興味がある国が多い」と述べて、今月行われる国民投票で仮にイギリスがEUから離脱することになった場合、世界経済にどのような影響が出るのかなどについて意見が交わされるという見通しを示しました。
そのうえで麻生副総理は、「日本が消費税率の引き上げを延期して、財政再建に対する意欲がなくなったと疑われると、日本の国債が売られたりすることにもなりかねない。財政再建の旗印を掲げて2020年度までに基礎的財政収支を黒字化するという目標をきちんと説明しないといけない」と述べ、消費税率の10%への引き上げを再延期しても日本の財政健全化目標を変えないという方針について、各国に理解を求める考えを示しました。』



2016年6月7日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/4R1Az


【ご参考】
2016年6月14日 NHKニュースの記事より引用
『三菱東京UFJ銀行 国債入札の特別資格返上へ
6月14日 8時08分

「三菱東京UFJ銀行」は、日銀のマイナス金利政策の影響で国債を保有することが負担になっているとして、国債の入札に有利な条件で参加できる特別な資格を国内の大手銀行で初めて国に返上することになりました。
関係者によりますと、「三菱東京UFJ銀行」は国債の入札に有利な条件で参加できる「国債市場特別参加者」と呼ばれる資格を国に返上する意向を財務省に伝え、近く、正式に返上する見通しになりました。
この資格は、国が、国債の安定消化を図るため大手の銀行や証券会社に付与しているもので、財務省と意見交換ができる一方、すべての入札で、発行予定額の4%以上の応札が義務づけられます。
「三菱東京UFJ銀行」は、日銀のマイナス金利政策の影響で多くの日本国債の利回りがマイナスまで低下し、国債の保有が負担になっているとして、資格を返上するもので、国内の大手銀行では初めてとなります。
銀行側では、この特別な資格を持つグループの証券会社に入札の業務を集約することで国債の需給に大きな影響が出ないようにするとしていますが、日銀によるマイナス金利政策の影響は日本を代表する金融機関と国債を発行する国の関わり方にも及ぶ形となりました。』


2016年6月14日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/sCJBF



【管理人コメント】
麻生太郎氏は、「ASEMでは、イギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱の話などに興味がある国が多い。日本が消費税率の引き上げを延期して、財政再建に対する意欲がなくなったと疑われると、日本の国債が売られたりすることにもなりかねない。財政再建の旗印を掲げて2020年度までに基礎的財政収支を黒字化するという目標をきちんと説明しないといけない」と述べている。
ASEMに限らず、世界中でまともな判断能力がある投資家や企業経営者ならば、国家財政が借金まみれで、少子高齢化が進んだ老人ばかりで市場としても生産拠点としても先行きのない東アジアの小国のことなど、とっくに見切りをつけているに相違ない。イギリスのEU離脱の話題の方が大きな関心事だと言うのは極めて当然のことであろう。
麻生太郎氏は、「日本が消費税率の引き上げを延期して、財政再建に対する意欲がなくなったと疑われると、日本の国債が売られたりすることにもなりかねない。財政再建の旗印を掲げて2020年度までに基礎的財政収支を黒字化するという目標をきちんと説明しないといけない」と言うが、国内のメガバンクでさえ、見切りをつけた国債を外国人に売り込もうとしても無理だということは誰の目にも明らかである。ゴミはいくらカネをかけて装飾したところでゴミに過ぎない。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。