スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地方財政審議会の意見を踏まえて検討してきたが、(大阪府による宿泊税の創設に対して)本日同意することとした」by高市早苗

2016.06.15.Wed.22:49
2016年6月14日 NHKニュースの記事より引用
『大阪府の宿泊税 総務相が同意へ
6月14日 12時41分

大阪府が創設を目指していた、府内のホテルなどの宿泊客から1泊につき数百円程度徴収する「宿泊税」について、高市総務大臣は閣議のあとの記者会見で、新設に同意する考えを示しました。
大阪府は、外国人観光客に優しいまちづくりに必要な財源を確保するため、府内にあるホテルなどの宿泊施設に泊まる客から、宿泊料金に応じて1泊につき100円から300円の「宿泊税」を徴収する方針を決め、ことし3月に必要な条例を制定して国に同意を求めていました。
これについて、高市総務大臣は閣議のあとの記者会見で、「地方財政審議会の意見を踏まえて検討してきたが、本日同意することとした」と述べ、大阪府の「宿泊税」の新設に同意する考えを示しました。
これを受けて大阪府は来年1月から、「宿泊税」の課税を始める考えで、年間およそ11億円の税収を見込んでいるということです。
総務省によりますと、「宿泊税」の導入は、東京都に次いで全国で2番目だということです。』




2016年6月14日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/1A886


【管理人コメント】
高市早苗総務大臣は、「地方財政審議会の意見を踏まえて検討してきたが、(大阪府による宿泊税の創設に対して)本日同意することとした」と発言している。
受益者負担の原則からしたら、日本人を含む全ての宿泊者から徴収した宿泊税を使って、外国人観光客に優しいまちづくりに必要な財源の確保を行う、換言すれば受益者が外国人のみと言う政策を実行しようとするのはいかがなものか。
京都近郊での仕事の場合、宿泊費用の高い京都を回避して新快速の使える大阪方面のビジネスホテルに泊まる人が従来から多かったように思う。だが、宿泊税が創設された場合には、宿泊費用の高い京都に加え、宿泊税を散られる大阪府を回避して滋賀県の大津方面や、和歌山県の和歌山市方面、新快速の三宮界隈のビジネスホテルの争奪戦がより厳しくなるのではないだろうか。宿泊税の創設によって大阪や京都近辺の人の流れが大幅に変わるのではないだろうか。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。