スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「成長と分配の好循環を全国津々浦々まで波及させ、戦後最大のGDP=国内総生産600兆円を目指す。このため、骨太の方針と成長戦略というアベノミクスのエンジンを最大限、吹かさなければならない。内需を腰折れさせかねない消費税率の10%への引き上げは、2019年10月まで、30か月延期すべきと判断したが、私は財政再建の旗は降ろさない。『経済再生なくして財政健全化なし』との基本方針に変わりはなく、2020年度の財政健全化目標をしっかり堅持していく」by安倍晋三

2016.06.02.Thu.22:28
2016年6月2日 NHKニュースの記事より引用
『首相 消費増税再延期も財政健全化目標は堅持
6月2日 20時07分

安倍総理大臣は経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議で、消費税率の引き上げの再延期に関連して、『経済再生なくして財政健全化なし』との基本方針に変わりはないとして、財政健全化目標を堅持する考えを強調しました。
この中で安倍総理大臣は、「成長と分配の好循環を全国津々浦々まで波及させ、戦後最大のGDP=国内総生産600兆円を目指す。このため、骨太の方針と成長戦略というアベノミクスのエンジンを最大限、吹かさなければならない」と述べました。
そのうえで、「内需を腰折れさせかねない消費税率の10%への引き上げは、2019年10月まで、30か月延期すべきと判断したが、私は財政再建の旗は降ろさない。『経済再生なくして財政健全化なし』との基本方針に変わりはなく、2020年度の財政健全化目標をしっかり堅持していく」と述べました。』



2016年6月2日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/OQWnr
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。