スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(給付型奨学金に関しては、)最初から『渡しきり』はやるべきではなく、税の分配の公平性を考えると『返還免除』とし、成績や出席状況を勘案するモラルが必要ではないか」by馳浩

2016.05.28.Sat.23:00
2016年5月28日 NHKニュースの記事より引用
『「給付型奨学金」返還免除の仕組み軸に創設目指す
5月28日 18時02分

馳文部科学大臣は金沢市で講演し、政府が検討する方針の、いわゆる「給付型奨学金」について、入学前に支給するのではなく、卒業後に奨学金の返還を免除する仕組みを軸に創設を目指したい考えを示しました。
返済の必要のない給付型奨学金を巡って、政府は近く閣議決定する一億総活躍社会の実現に向けた工程表「ニッポン一億総活躍プラン」で、来年度予算案の編成過程で創設に向けて検討を進める方針を盛り込むことにしています。
これについて、馳文部科学大臣は「一人親や年収300万円以下の家庭など、経済的な事情で進学を諦めることがないようにしようとすれば、対象者はおのずと絞られる」と述べました。
そのうえで、馳大臣は「最初から『渡しきり』はやるべきではなく、税の分配の公平性を考えると『返還免除』とし、成績や出席状況を勘案するモラルが必要ではないか」と述べ、入学前に支給するのではなく、卒業後に奨学金の返還を免除する仕組みを軸に創設を目指したい考えを示しました。』



2016年5月28日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/58hTF


2016年5月28日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6hqLNvihm
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。