スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「熊本地震では、被災した医療機関でも関係者が協力してうまく乗り切っていただいているが、全国の病院がふだんから災害への備えができているか、厚生労働省としても再点検をしたい。命を守る意味で必要なので、耐震化が進むように考えていきたい」by塩崎恭久

2016.05.24.Tue.17:35
2016年5月22日 NHKニュースの記事より引用
『厚労相 熊本の病院視察 全国の病院で耐震化進める考え
5月22日 17時50分

塩崎厚生労働大臣は、一連の地震で被害を受けた熊本県内の病院を視察し、全国の病院の災害への備えを強化するため、耐震化を進める考えを示しました。
塩崎厚生労働大臣は22日、熊本県大津町を訪れ、一連の地震で建物が被害を受け、一時、入院患者の移転を余儀なくされた、熊本セントラル病院を視察し、院長らから被害や復旧の現状について説明を受けました。
視察のあと、塩崎大臣は記者団に対し、「熊本地震では、被災した医療機関でも関係者が協力してうまく乗り切っていただいているが、全国の病院がふだんから災害への備えができているか、厚生労働省としても再点検をしたい。命を守る意味で必要なので、耐震化が進むように考えていきたい」と述べ、全国の病院の耐震化を進める考えを示しました。
厚生労働省が去年9月に行った調査によりますと、病院の耐震化率は全国平均で69.4%ですが、熊本県は全国平均を7ポイント近く下回る62.6%にとどまっています。』



2016年5月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/6Lqch


2016年5月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6hjv1Sdyi


【管理人コメント】
塩崎恭久厚生労働大臣は「熊本地震では、被災した医療機関でも関係者が協力してうまく乗り切っていただいているが、全国の病院がふだんから災害への備えができているか、厚生労働省としても再点検をしたい。命を守る意味で必要なので、耐震化が進むように考えていきたい」と発言している。
医療機関を早急に耐震化するべきだというのはその通りであるが、学校や病院の耐震化は以前から叫ばれていたにもかかわらず、外国への無償資金援助や、外国人留学生への給付で散財して放置していたのは、長い間政権の座に就いていた自民党ではないのか?
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。