スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年5月10日に衆議院厚生労働委員会で行われた障害者総合支援法改正案の参考人質疑に関し、民進党が全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病・筋萎縮性側索硬化症の患者で作る日本ALS協会に関係者の出席を求め、協会側が人工呼吸器のため会話に通訳を必要とする患者の出席を申し出ていたのに対し、委員会の理事懇談会で自民党が「コミュニケーションに時間がかかり、限られた時間の中で伝えたいことが十分伝わらないのではないか」として、患者の委員会への出席を断っていた。

2016.05.13.Fri.23:01
2016年5月11日 NHKニュースの記事より引用
『衆厚労委 通訳の必要な難病患者の参考人出席断る
5月11日 14時46分

衆議院厚生労働委員会の参考人質疑を巡って、難病患者などで作る団体が人工呼吸器のため会話に通訳を必要とする患者の出席を申し出たのに対し、委員会側から、「コミュニケーションに時間がかかる」などとして断られていたことが分かりました。
衆議院厚生労働委員会の与野党の理事などによりますと、10日行われた障害者総合支援法などの改正案の参考人質疑を巡って、民進党が全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病・筋萎縮性側索硬化症の患者などで作る日本ALS協会に関係者の出席を求め、協会側は人工呼吸器のため会話に通訳を必要とする患者の出席を申し出ていました。
これについて、委員会の理事懇談会で、自民党が「コミュニケーションに時間がかかり、限られた時間の中で伝えたいことが十分伝わらないのではないか」などとして再検討を求め、患者の出席を断ったということです。
患者に代わって参考人として委員会に出席した日本ALS協会の金澤公明常務理事は、NHKの取材に対し「率先して障害者への差別を解消すべき国会の委員会が出席を制限するのは問題だ。配慮があってしかるべきだ」と話しています。』


2016年5月11日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/2cr74


2016年5月11日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6hTX47Irn


【管理人コメント】
2016年5月10日に衆議院厚生労働委員会で行われた障害者総合支援法改正案の参考人質疑に関し、民進党が全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病・筋萎縮性側索硬化症の患者で作る日本ALS協会に関係者の出席を求め、協会側が人工呼吸器のため会話に通訳を必要とする患者の出席を申し出ていたのに対し、自民党が「コミュニケーションに時間がかかり、限られた時間の中で伝えたいことが十分伝わらないのではないか」として、患者の委員会への出席を断っていたというのが事実ならば、出席を拒否した理由によっては、つい先日施行した障害者差別解消法に抵触するのではないか?
改正後、実際に直面する当事者を排除して国会で何を話し合うと言うのだろうか?
2016年5月11日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/2cr74


2016年5月11日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6hTX47Irn
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。