スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もともと自民・公明・民主の3党で、保育士の処遇の5%改善を決め3%分はすでに実施し、去年は322万まで上がった。残り2%分をまず実施(して合計4%月12000円の引き上げを実施)するように、自民・公明両党からも指摘があり、具体性のある中身を示すべく政府内で調整をしている」by加藤勝信

2016.04.24.Sun.22:53
2016年4月24日 NHKニュースの記事より引用
『一億総活躍相 保育士の処遇 1万2000円改善を
4月24日 15時10分

加藤一億総活躍担当大臣は大津市で講演し、人手不足が顕在化している保育士の処遇について、人事院勧告に基づく公務員給与に準じた引き上げ分と合わせ、およそ4%に当たる月額1万2000円の改善を速やかに図りたいという考えを示しました。
この中で加藤一億総活躍担当大臣は、人手不足が顕在化している保育士の処遇について、「もともと自民・公明・民主の3党で、保育士の処遇の5%改善を決め3%分はすでに実施し、去年は322万まで上がった」と述べました。そのうえで加藤大臣は、「残り2%分をまず実施するように、自民・公明両党からも指摘があり、具体性のある中身を示すべく政府内で調整をしている」と述べ、公務員給与に準じた引き上げ分と合わせ、およそ4%に当たる月額1万2000円の処遇改善を速やかに図りたいという考えを示しました。』



2016年4月24日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/215BS


2016年4月24日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6h0d6OCnn


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。