スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(高校生や大学生に対する奨学金制度の拡充の要望には)がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ。とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか、望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になる。(義務教育で)しっかりやれば貧困はありえないと言いたいくらい大事。」by赤枝恒雄

2016.04.13.Wed.04:05
2016年4月12日 朝日新聞の記事より引用
『「進学しても女の子はキャバクラへ」自民・赤枝氏発言
伊藤舞虹2016年4月12日20時27分

 自民党の赤枝恒雄衆院議員(72)=比例東京=が12日、子どもの貧困対策を推進する超党派による議員連盟の会合で、貧困の背景について「親に言われて仕方なく進学しても女の子はキャバクラに行く」などと述べた。会合では支援団体の代表や児童養護施設出身の大学生が奨学金制度の拡充を求め、それに対する質疑応答の冒頭で発言した。

 要望に対し、赤枝氏は「がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ」という趣旨の主張をした。その上で「とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか」と話し、望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になると持論を展開。義務教育について「しっかりやれば貧困はありえないと言いたいくらい大事」と強調した。

 赤枝氏は2012年に比例単独で初当選し、現在2期目。産婦人科医で、会合終了後の取材に「街角相談室でいろんな子どもの話を聞いてきた。子どもが十分教育を終えるまでは国が手厚く援助しないといけないが、高校も大学もみんなが援助するのは間違っている」と説明した。

 会合では、子どもの貧困問題に取り組む公益財団法人「あすのば」の代表らが、大学進学を目指す学生への無利子奨学金の拡充などを要望。児童養護施設出身の大学生も「誰でも平等に進学できる社会を」などと訴えていた。(伊藤舞虹)』



2016年4月12日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/rUIlY


2016年4月12日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6gifkbHYe


【管理人コメント】
赤枝恒雄議員は「(高校生や大学生に対する奨学金制度の拡充の要望には)がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ。とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか、望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になる。(義務教育で)しっかりやれば貧困はありえないと言いたいくらい大事。」と述べている。
赤枝恒雄氏は「(高校生や大学生に対する奨学金制度の拡充の要望には)がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ。」と言うが、ならば、外国人留学生に対する莫大な給付型奨学金も取り止めるべきである。
自国民の高校生や大学生に対しては、高等教育は自己責任で行くのが当然だと言いながら、外国人に対しては湯水のように税金原資の奨学金を給付するのでは理屈に合わない。
また、赤枝恒雄氏は、「とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか、望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になる。」というが、児童養護施設出身の中学を卒業した子どもが通信過程に行くしか無かったり、児童養護施設出身の女性が進学資金を稼ぐためにキャバクラに働きにいくしか無いとしたら、その現状を是正するために支援するのが国会議員の仕事ではないのか?老い先短い老人ばかりを優遇し、将来ある若い世代を冷遇するような社会に明るい未来が待っていると思っているのだろうか?
更に、赤枝恒雄氏は「キャバクラに行った女性が望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になる」と言うが、キャバクラで働いている全ての女性が望まない妊娠をするというデータがどこにあるのか?そもそも高校や大学への進学と、望まない妊娠との間には関係がないのではないか?
本件の発言は、あくまで私見ながら、児童養護施設出身の子ども達に対する偏見、キャバクラ等で働く女性に対する偏見、様々な偏見に満ちた議員辞職に値する問題発言であると考える。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。