スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ことしは東日本大震災から5年を迎えた。だんだん風化するのではないかという不安のなかで、被災地の皆さんは今一生懸命頑張っている。2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、立派に復興して元気になった日本の姿を世界に発信したい」by安倍晋三

2016.04.12.Tue.23:50
2016年4月9日 NHKニュースの記事より引用
『首相「元気になった日本 五輪で世界に発信を」
4月9日 12時06分

安倍総理大臣が主催する「桜を見る会」が開かれ、安倍総理大臣は「東京オリンピック・パラリンピックで、元気になった日本の姿を世界に発信したい」と述べ、東日本大震災からの復興をさらに加速させたいという考えを示しました。
9日朝の東京は春らしい陽気となり、会場の新宿御苑では各界から招待されたおよそ1万6000人が、ソメイヨシノや八重桜を楽しみました。
安倍総理大臣はあいさつで「ことしは東日本大震災から5年を迎えた。だんだん風化するのではないかという不安のなかで、被災地の皆さんは今一生懸命頑張っている。2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、立派に復興して元気になった日本の姿を世界に発信したい」と述べ、復興をさらに加速させたいという考えを示しました。
また、安倍総理大臣は「後半国会はまだ続くが、気を引き締めて乗り切っていきたい。成立した予算を1日も早く、全国津々浦々にお届けすることも私たちの仕事だ」と述べました。
このあと安倍総理大臣は、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーや、NHKの大河ドラマ「真田丸」に出演している俳優の草刈正雄さんらと記念撮影をしたり、招待客と握手したりしていました。』



2016年4月9日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/3gUEL


2016年4月9日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6giQvKTie



【管理人コメント】
安倍晋三総理は、「ことしは東日本大震災から5年を迎えた。だんだん風化するのではないかという不安のなかで、被災地の皆さんは今一生懸命頑張っている。2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、立派に復興して元気になった日本の姿を世界に発信したい」と述べている。
であるならば、オリンピックは東京ではなく、被災地である福島県でやるべきである。
新国立競技場でも揉めており何も決まっていないに等しい状況なのであるから、東京都内に新競技場を作るのではなく、福島県の南相馬市近辺に用地を確保して新競技場を作り、全ての競技を福島県内で行うべきである。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。