スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「企業収益が過去最高であるなかで、欲を言えば、もう少し力強さが欲しかったところだが、3年連続で多くの企業でベースアップが実現した。非正規労働者の賃上げ幅の拡大や、同じ企業グループ内での賃上げ幅の格差是正などは、新たな工夫として評価できる。個人消費の拡大に向け、短時間労働者が継続的に就労時間を増やせるよう、早急に検討を進めていただきたい」by安倍晋三

2016.03.28.Mon.23:18
2016年3月24日 NHKニュースの記事より引用
『首相 短時間労働者の収入増へ対策検討を指示
3月24日 20時53分

安倍総理大臣は政府の経済財政諮問会議で、ことしの春闘について、非正規労働者の賃上げが進んだとして評価する考えを示したうえで、短時間労働者の収入を増やすため、希望する場合は就労時間が延長できるよう、対策の検討を関係閣僚に指示しました。
総理大臣官邸で開かれた経済財政諮問会議で、民間議員は、GDP=国内総生産600兆円の達成には個人消費の拡大が不可欠だとして、実質賃金の継続的な引き上げや最低賃金1000円の早期実現、それに付加価値がついた商品券の発行などを提言しました。
また内閣府は、ことしの春闘で連合の今月18日現在のまとめで、正社員は平均で月額6341円、率にして2.08%の賃上げが行われたほか、非正規労働者についても時給で18.92円、月給では5134円の賃上げが実現したことを報告しました。
安倍総理大臣は「企業収益が過去最高であるなかで、欲を言えば、もう少し力強さが欲しかったところだが、3年連続で多くの企業でベースアップが実現した。非正規労働者の賃上げ幅の拡大や、同じ企業グループ内での賃上げ幅の格差是正などは、新たな工夫として評価できる」と述べました。
そのうえで、安倍総理大臣は「個人消費の拡大に向け、短時間労働者が継続的に就労時間を増やせるよう、早急に検討を進めていただきたい」と述べ、短時間労働者の収入を増やすため、希望する場合は就労時間が延長できるよう、対策の検討を関係閣僚に指示しました。』



2016年3月24日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/80nD3


2016年3月24日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6gLaBMG58


【管理人コメント】
安倍晋三総理は、「企業収益が過去最高であるなかで、欲を言えば、もう少し力強さが欲しかったところだが、3年連続で多くの企業でベースアップが実現した。非正規労働者の賃上げ幅の拡大や、同じ企業グループ内での賃上げ幅の格差是正などは、新たな工夫として評価できる。個人消費の拡大に向け、短時間労働者が継続的に就労時間を増やせるよう、早急に検討を進めていただきたい」と述べている。
この発言から分かることは、安倍晋三政権は長時間労働の抑制を推進していくが、それでも今までと同じように長時間労働は無くならないということである。
これからは、本人が収入を増やすことを希望したので、企業は仕方なく長期間労働を認めたという体裁で、今までのような長時間労働が行われることになる。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。