スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三総理大臣は、2016年3月1日に官邸で行われた、日本を訪問中の国連難民高等弁務官事務所のフィリッポ・グランディ高等弁務官との会談で、中東等での難民への支援事業に新たに1億2000万ドル(日本円で約135億円)の支援を行うことを伝えた。

2016.03.02.Wed.22:16
2016年3月1日 NHKニュースの記事より引用
『首相 中東などの難民支援に135億円 表明
3月1日 21時32分

安倍総理大臣は日本を訪れているUNHCR=国連難民高等弁務官事務所のグランディ高等弁務官と会談し、中東などでの難民への支援事業に新たに1億2000万ドル(日本円でおよそ135億円)の支援を行うことを伝えました。
安倍総理大臣は1日午後、総理大臣官邸で、ことし1月に就任したUNHCR=国連難民高等弁務官事務所のグランディ高等弁務官と会談しました。
この中で、安倍総理大臣は「難民問題は日本および国際社会にとって喫緊の課題だ。UNHCRは人道支援の中核機関であり、高等弁務官とともに難民に対する協力を進めていく考えだ」と述べました。
これに対し、グランディ高等弁務官は「日本政府とのパートナーシップを、これからも維持していくことを重視している。日本は世界的な大国で、国連安全保障理事会の非常任理事国でもある。G7=主要7か国の議長でもあり、シリアやアフリカなどでの対立の政治的な解決に向け積極的にリーダーシップを発揮してほしい」と述べました。
これを受けて、安倍総理大臣は中東やヨーロッパ、アフリカなどでUNHCRが行っている難民や国内避難民への支援事業に新たに1億2000万ドル(日本円でおよそ135億円)の支援を行うことを伝えました。』



2016年3月1日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/ZhMl5


2016年3月1日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6fhxbBoS1

【関連する報道】
2016年2月29日 NHKニュースの記事より引用
『エジプトの民主化支援へ官民で2兆円規模の協力
2月29日 21時02分

安倍総理大臣はエジプトのシシ大統領と会談し、混迷する中東の中でエジプトが進めている民主化に向けた国造りを支援するため、政府と日本企業で合わせて2兆円規模の経済協力を行うことを盛り込んだ共同声明を発表しました。
安倍総理大臣は総理大臣官邸でエジプトのシシ大統領と会談し、冒頭、「日本は、中東の要であるエジプトとの関係を重視しており、地域の安定と発展への努力に敬意を表したい」と述べました。これに対し、シシ大統領は「両国の協力、友好関係をさらに深めていきたい」と応じました。そして、両首脳は、両国が国連安全保障理事会の非常任理事国であることを踏まえ、テロ対策や中東の安定に向け協力していくことで一致しました。
会談のあと、両首脳はそろって記者発表に臨み、共同声明を発表しました。それによりますと、エジプトが進めている民主化に向けた国造りを支援するため、日本企業と合わせて2兆円規模の経済協力を行うほか、首都カイロの電力供給システムの整備や、現地の国際空港の拡張工事などに、およそ540億円の円借款を行うことが盛り込まれています。』



2016年2月29日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/BDFvP


2016年2月29日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6fhxzLdok





【 ご参考 国内向けの政策】
プレジデント2016年2月27日の記事より一部を引用

介護離職が加速 介護「軽度」者への給付打ち切りのシワ寄せ
プレジデント 2月27日(土)14時15分配信

■さらに介護離職者が増えるのは確実

 同時に、要介護1・2への生活援助サービスを外すことで大きな影響を受けるのが確実なのは、家族です。すでに大問題となっている介護離職がさらに増えるリスクがあります。

 「これまではホームヘルパーの生活援助を頼ることで仕事を辞めずに済んでいた人もいました。しかしそれが介護給付から外されると、その部分を自分が担わなければならず、離職を選ばざるを得なくなるでしょう。国は介護離職者ゼロを目指すという方針を掲げながら、逆に増やす結果につながるようなことをしようとしているんです」

 ▼「報道されていない」介護保険適用除外も

 続けてFさんは、こんな「聞き捨てならない」話をしてくれました。

 「今回は報道されていませんが、実はもうひとつ、軽度者に対する保険適用除外が検討されているものがあるんです」

 聞けば、その保険適用除外品というのは、介護用ベッド、車いす、スロープ、歩行器といった福祉用具の貸与や手すりをつけるといった住宅改修とのこと。このことが検討されていることは、一般の人はほとんど知りませんが、介護業界では全員が知っていて危機感を持っているそうです。

 「これ(軽度者に対する保険適用除外)って普通に考えて変なんです。要介護3以上の重度者は寝たきりだったり、在宅での介護は難しくて施設に入所せざるを得なかったりという状態です。ベッドは別としても、車いすや歩行器を借りたり手すりをつけても使えなかったりする人たちです。要するに、車いすや歩行器などは、(要介護3未満の)まだなんとか立ち上がったり歩けたりする軽度者にこそ必要なもの。それを給付から除外するというんですからわけが分かりません。重度者はほとんど利用していない現状に加えて、軽度者も結果的に利用できなくなれば、介護費用を大削減できると考えているのかもしれません」

 これが介護給付適用除外になると大変なことになるそうです。要介護1と2の軽度者は重度者になる前に踏ん張っている状態。手すりや歩行器の助けを借りて歩くことで状態が回復する可能性もあります。

 また、介護の利便性を追求して進化した福祉用具によって家族などの介護者が助かっている部分も大きい。私も父親の介護を通して実感しましたが、電動で寝床を上下できたり、上体を起こせたりといった機能によって不慣れな介護が、無理なく、よりスムーズにできたという感覚があります。

介護離職が加速 介護「軽度」者への給付打ち切りのシワ寄せ
プレジデント 2月27日(土)14時15分配信

介護離職が加速 介護「軽度」者への給付打ち切りのシワ寄せ
写真・図版:プレジデントオンライン
■ベッド、車いすが介護保険対象外になる

 そうした福祉用具が介護保険の給付から外され、自己負担になったら……。大半の家庭は、経済的にも維持することが難しく、用具を返品するしかなくなるでしょう。

 となるとどうなるか? 

 介護保険適用で成り立っていた福祉用具レンタル会社の経営が窮地に陥ります。より良い介護のために知恵を絞った福祉用具の開発もストップがかかるかもしれません。

 また付随することですが、福祉用具レンタル会社では返品されるであろう大量の用具をどう保管するか、あるいは処理するかで頭を悩ませているそうです。

 肝心の要介護者が置かれる状況も心配です。

 たとえば、介護の利便性が満載された介護用ベッドが使えなくなったら、寝床に寝かされるわけです。上体も起こせず、上下動もできない寝床では十分な介護はできません。レンタルできる福祉用具には床ずれ防止のマットもありますが、それもなくなれば床ずれの心配もあります。

 福祉用具とそれを利用する家族によるサポートでなんとか軽度者でとどまっていた人が重度化する状況に置かれるリスクがあるのです。財源が厳しいからといって、こんなことになったら本末転倒ではないでしょうか。

 実はFさんにこの話を聞いていた時、長年のつきあいのあるTさんというケアマネージャーが同席していました。Tさんは、この話にとどまらないといった感じで加わりました。

 「軽度者といわれる要介護1と2の人たちは、もし今回の改正案が実施されたら、介護保険料を払ってきて何でこんな目に遭わなきゃなんないんだと思うでしょうね。国の財源が厳しいのはわかっています。が、それでこれまで受けてきたサービスが受けられなくなるのは辛過ぎます」(Tさん)

介護離職が加速 介護「軽度」者への給付打ち切りのシワ寄せ

■「国は介護保険料を上げる意義を説明すべき」

 では、どうしたらいいのか? 

 「削減ではなく財源を増やすことを考えるしかないのでは、と思います。つまり、介護保険料を上げる決断をする。介護保険料は40歳以上が払っていますが、プラス1000円、あるいは500円でも大分違う。政府は社会保障費として消費税を上げていますから、そんなことを言い出したら大ブーイングでしょう。『消費税を上げておいて、介護保険料もかよ』と。でも、必要な介護サービスが受けられなくなる現実があるのですから、国民に頭を下げ、福祉財政が厳しいので応分の負担をお願いしますと言ってほしい」(Tさん)

 介護は、今の日本の大きな課題。

 反発は覚悟の上で、「国民全体が支えなければならない」ということをアピールするためにもあえて介護保険料を上げるということを政府がやらなければならないのではないか。と、考えるTさんだが、「そんなことを(政治家が)言うと選挙に負けるからなあ。無理か……」。

 でも、ただ単に要介護の軽度の人に対しての援助や支援を打ち切れば、高齢者世代だけでなく、その子ども世代からも総スカンを食らうことを政府や国はよく考えるべきではないか。

 何はともあれ「軽度者」という表現にごまかされてはいけないということです。

 先ほども述べた通り、実際の症状は決して軽度とは言えませんし、また軽度だからといって介護保険から除外される流れには疑いの目を持った方がよさそうです。』



PRESIDENT Online スペシャルの2016年2月27日の該当記事へのリンク(全文はリンク先でお読み下さい)
http://president.jp/articles/-/17452


PRESIDENT Online スペシャルの2016年2月27日の該当記事のアーカイブ(archive.is)1/4
http://archive.is/JwECb


PRESIDENT Online スペシャルの2016年2月27日の該当記事のアーカイブ(archive.is)2/4
http://archive.is/ZtiQW


PRESIDENT Online スペシャルの2016年2月27日の該当記事のアーカイブ(archive.is)3/4
http://archive.is/Ibgw8


PRESIDENT Online スペシャルの2016年2月27日の該当記事のアーカイブ(archive.is)4/4
http://archive.is/yuAmx


2016年1月3日 NHKニュースの記事より引用
『自民税調 配偶者控除見直しで議論へ
1月3日 6時35分

自民党の税制調査会は、女性の働き方による税制面の差をなくし、女性が仕事に就くことを後押しすべきだとして、所得税の「配偶者控除」の見直しに向けて、ことし、本格的な議論を行うことにしています。
所得税の「配偶者控除」は、配偶者の給与収入が年間で103万円以下の場合、給与所得などから一律38万円を差し引いて税を軽減する制度です。
しかし、このメリットを受けるために、パート勤務の女性などが働く時間を抑える傾向があることから、「103万円の壁」とも呼ばれているほか、夫婦共働きの世帯が増えるなかで専業主婦の世帯が優遇されているという指摘も出ています。
これを受けて、自民党の税制調査会は安倍総理大臣が掲げる「一億総活躍社会」を実現するためにも、女性の働き方による税制面の差をなくし、女性が仕事に就くことを後押ししすべきだとして、ことし、制度の見直しに向けて、本格的な議論を行うことにしています。
一方で、党内には、「専業主婦の世帯には負担が重くなる」などと制度の見直しに慎重な意見が出ているほか、「家庭における子育ての役割を評価すべきだ」などとして、子育て世帯に対する税制上の優遇措置は残すべきだという意見もあり、ことしの税制改正論議の焦点の一つになる見通しです。』


2016年1月3日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/5rlEt


2015年11月24日 NHKニュースの記事より引用
『首相 軽減税率財源 4000億円の枠内で検討を
11月24日 11時58分

安倍総理大臣は自民党の谷垣幹事長と会談し、消費税の軽減税率の財源について「社会保障と税の一体改革の枠内で議論してほしい」と述べ、すでに自民・公明両党で財源とすることで合意している4000億円の枠内で検討するよう指示しました。
消費税の軽減税率を巡る与党協議では、税率を軽減する対象品目について、自民党が最大でも4000億円以内の財源で賄える「生鮮食品」に絞り込むべきだとしているのに対し、公明党は「生鮮食品」に「加工食品」も加え1兆円程度の規模にするよう求めて平行線が続いています。
こうしたなか、安倍総理大臣は24日、自民党本部で谷垣幹事長、宮沢税制調査会長と会談し、谷垣氏らがこれまでの公明党との協議の経過を報告しました。
これに対し、安倍総理大臣は「国民の理解が得られ、事業者に混乱が起きないような制度にしてほしい」と述べました。そのうえで安倍総理大臣は、軽減税率の財源について「社会保障と税の一体改革の枠内で議論してほしい」と述べ、すでに自民・公明両党で財源とすることで合意している4000億円の枠内で検討するよう指示しました。
これを受けて、谷垣氏は、財源が4000億円に収まるよう対象品目を「生鮮食品」までに絞る方向で、25日にも公明党の井上幹事長と改めて協議を行い、早期の合意に向けて調整を急ぐ方針です。
会談のあと谷垣氏は記者会見で、「用意できる財源は限定されていて、ない袖は振れないので、対象品目もおのずから限界があると思う。粘り強く誠意をもって協議して、できるだけ早く決着させたい」と述べました。また、記者団が「党首会談で決着を図る考えはあるのか」と質問したのに対し、谷垣氏は「どんどん上にあげていけばいいというものではない」と述べました。』



2015年11月24日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/JUT4d
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。