スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今後とも世界に誇れる社会保障制度、国民皆保険などを、次の世代に引き渡していく責任がわれわれの世代にあるし、国際社会からの信認を確保するため、財政の立て直しをきちんと示す姿勢も必要だ。10%への引き上げを確実に実施していく必要がある」by麻生太郎

2016.02.23.Tue.22:46
2016年2月22日 NHKニュースの記事より引用
『麻生財務相 消費税率引き上げは確実に実施
2月22日 18時50分

麻生副総理兼財務大臣は衆議院予算委員会で、来年4月の消費税率の10%への引き上げについて、政権として持続可能な社会保障制度を次の世代に引き渡す責任があるなどとして、確実に実施すべきだという考えを示しました。
この中で、共産党の梅村早江子衆議院議員は来年4月の消費税率の引き上げについて、「かつて、2度にわたり引き上げる内閣はなかった。国民の負担増を行う内閣だと自覚はあるのか」とただしました。
これに対し、麻生副総理兼財務大臣は「消費税を導入した竹下元総理大臣も、そのあと税率を引き上げた方も退陣しており、『2回引き上げたら退陣は間違いないだろう』と聞かされて、2回目の大臣を引き受けたので、よく分かっている」と述べました。そのうえで、麻生副総理は「今後とも世界に誇れる社会保障制度、国民皆保険などを、次の世代に引き渡していく責任がわれわれの世代にあるし、国際社会からの信認を確保するため、財政の立て直しをきちんと示す姿勢も必要だ。10%への引き上げを確実に実施していく必要がある」と述べました。
若者の政治参加 さまざまな手当て検討
また、加藤一億総活躍担当大臣は若者の政治参加の促進に関連して、「若者の声を政府に直接伝える制度を導入すべきではないか」と質問されたのに対し、「次の世代の社会を担う若い方々に自分たちの思いを政治に向けて発信してもらい、取り込んでいくのは大変重要だ。若い方々の声を積極的に反映していけるよう、審議会などにおいても若い方が入ってもらえるようさまざまな手当てをしていきたい」と述べました。
衆院予算委分科会 25日に開催
一方、衆議院予算委員会は、各府省の政策課題などをより細かく審議するための分科会を、今週25日に開くことを全会一致で議決しました。』



2016年2月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/0YliA


2016年2月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6fVphOyYw
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。