スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「公明党は国家観や歴史観が自民党とは全く違う政党だ。公明党と力を合わせて、国をよりよき方向に進めてきたことは間違いはないし、理解する。ただ、自民党のコアな支持者に申し訳ないことになってはならず、安易に妥協して公明党への推薦を出さないでもらいたい」by鴻池祥肇

2016.02.20.Sat.22:52

2016年2月18日 NHKニュースの記事より引用
『自民 鴻池氏「公明候補推薦は慎重に検討を」
2月18日 16時09分

自民党の鴻池元防災担当大臣は、所属する麻生派の会合で、夏の参議院選挙での公明党との選挙協力について、「公明党は国家観や歴史観が自民党と全く違う政党だ」と指摘し、公明党の候補者への推薦は慎重に検討すべきだという考えを示しました。
夏の参議院選挙を巡って、自民党は公明党と選挙協力を行うため、公明党が選挙区に擁立する候補者に推薦を出せないか、関係する兵庫県など5つの県連と調整を進めています。
これについて、参議院兵庫選挙区選出の鴻池元防災担当大臣は、所属する麻生派の会合で、「公明党は国家観や歴史観が自民党とは全く違う政党だ」と指摘しました。
そのうえで、鴻池氏は「公明党と力を合わせて、国をよりよき方向に進めてきたことは間違いはないし、理解する。ただ、自民党のコアな支持者に申し訳ないことになってはならず、安易に妥協して公明党への推薦を出さないでもらいたい」と述べ、公明党の候補者への推薦は慎重に検討すべきだという考えを示しました。』



2016年2月18日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/1X8k7


2016年2月18日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6fRGufgXI
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。