スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(消費税率10%への引き上げを)なぜやらないといけないかというと、社会保障を次の世代に伝えていくためと、海外からの信認を確保するためだ。年初から市場が非常に大きく変動しているのは事実だが、企業収益は過去最高を記録するし所得や雇用の環境は改善している。消費税の引き上げのための経済状況をしっかりとしたものにしていく努力をしていかないといけない」by石原伸晃

2016.02.19.Fri.23:32
2016年2月17日 NHKニュースの記事より引用
『経済再生相 消費増税へ経済好循環の確立を
2月17日 20時33分

経済再生相 消費増税へ経済好循環の確立を
石原経済再生担当大臣はNHKなどのインタビューに応じ、来年4月の消費税率の引き上げについて、社会保障制度を維持するため予定どおり実施する必要があるとしたうえで、経済の好循環の確立など引き上げに向けた環境整備に取り組む考えを強調しました。
この中で、石原経済再生担当大臣は、来年4月の消費税率の10%への引き上げについて「なぜやらないといけないかというと、社会保障を次の世代に伝えていくためと、海外からの信認を確保するためだ」と述べ、予定どおり実施する必要があるという考えを示しました。
そのうえで石原大臣は「年初から市場が非常に大きく変動しているのは事実だが、企業収益は過去最高を記録するし所得や雇用の環境は改善している。消費税の引き上げのための経済状況をしっかりとしたものにしていく努力をしていかないといけない」と述べ、経済の好循環の確立など引き上げに向けた環境整備に取り組む考えを強調しました。』



2016年2月17日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/FQD0y


2016年2月17日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6fPnUaxO5
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。