スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一人一人を大切にする一億総活躍は、究極の成長戦略であると確信している。女性活躍はその中核であり、最大のチャレンジだ。女性が輝く社会を作ることが成長のためには欠かせない。5月のG7=主要国首脳会議、伊勢志摩サミットでは、首脳会合はもちろんのこと、すべての関係閣僚会合の際に、女性活躍推進に向けた議題を議論する。どうすれば女性がより一層活躍できるようになるかという問題を、あらゆる分野で考える国際的機運を高めていく」by安倍晋三

2016.02.18.Thu.23:15
2016年2月17日 NHKニュースの記事より引用
『首相 サミットなどで女性の活躍推進を議論
2月17日 22時19分

安倍総理大臣は、企業の女性幹部らを対象にした会合で、5月の主要国首脳会議、伊勢志摩サミットと、これに合わせて開かれる外相会合など8つの閣僚会合のすべてで、女性の活躍の推進を議論のテーマに取り上げる考えを示しました。
安倍総理大臣は17日夜、東京都内で企業の女性幹部らを対象に開かれた、指導的地位に立つ女性を増やすことなどを目指すシンポジウムのレセプションであいさつしました。
この中で安倍総理大臣は、「一人一人を大切にする一億総活躍は、究極の成長戦略であると確信している。女性活躍はその中核であり、最大のチャレンジだ。女性が輝く社会を作ることが成長のためには欠かせない」と述べました。
そのうえで安倍総理大臣は、「5月のG7=主要国首脳会議、伊勢志摩サミットでは、首脳会合はもちろんのこと、すべての関係閣僚会合の際に、女性活躍推進に向けた議題を議論する。どうすれば女性がより一層活躍できるようになるかという問題を、あらゆる分野で考える国際的機運を高めていく」と述べました。』



2016年2月17日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.is/w0B6P


2016年2月17日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6fOFSDwkk


【管理人コメント】
安倍晋三総理大臣は「一人一人を大切にする一億総活躍は、究極の成長戦略であると確信している。女性活躍はその中核であり、最大のチャレンジだ。女性が輝く社会を作ることが成長のためには欠かせない。」と述べている。
だが、彼のホンネは、要するに、切り捨てが容易でかつ安く使える労働力としての女性を自らの献金元である経団連の関係企業に送り込みたいだけなのではないか。また、女性の活躍の障害になっているという表向きの理由で配偶者控除の縮小ないし廃止が先日来話題に上がっていたが、専業主婦を安い労働力として駆り出すと共に、彼女達の収入を新たな財源と看做して課税しようという狙いもあるのであろう。
安倍晋三氏がやたらと国際機関や外国と絡めたがるのは、個人的な名誉欲も勿論あるだろうが、それだけではなく、海外諸国を外圧として利用し、家庭の専業主婦を企業に駆り出す動きを逆戻りさせにくくするために利用しようとしているのではないだろうか。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。