スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年1月21日 西日本新聞の記事によれば、自民党の松村祥史参院議員(熊本選挙区)が、2010年の参議院選挙の際、自身が代表の政党支部から計3500万円の寄付を受けたと県選挙管理委員会に届けていたにもかかわらず、政党支部の政治資金収支報告書に寄付の記載がされていない。

2016.01.28.Thu.23:07
2016年1月21日 西日本新聞の記事より引用
『自民松村氏を寄付不記載で告発 3500万円、熊本地検に
2016年01月21日21時54分 (更新 01月21日 22時10分)

 2010年の参院選で自民党の松村祥史参院議員(熊本選挙区)が、自身が代表の政党支部から計3500万円の寄付を受けたと県選挙管理委員会に届けていたのに、政党支部の政治資金収支報告書に寄付の記載がないことが21日、分かった。
 市民団体「政治資金オンブズマン」(大阪市)は「報告書への記載義務に違反している」として、政治資金規正法違反(不記載)などの疑いで同日、熊本地検に告発状を送付した。
 松村氏の事務所は取材に「当時の秘書が辞めており、現時点でコメントできない。指摘の点を調べる」と回答した。
 松村氏は04年参院選で初当選し、経済産業政務官を務めた。』



2016年1月21日付けの西日本新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/AQ6BE


2016年1月21日付けの西日本新聞の該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6esIt6OTc


2016年1月21日付けの西日本新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2016-0128-2301-59/www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/219815
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。