スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三政権は、過激派組織ISから解放された地域の安定化のため、シリアやイラクなどに向けて新たに3億5000万ドル(385億円)の支援を行う方針である。

2016.01.20.Wed.22:35
2016年1月20日 NHKニュースの記事より引用
『政府 ISから解放の地域復興に385億円支援
1月20日 4時31分

政府は、中東地域で課題となっている過激派組織IS=イスラミックステートから解放された地域の安定化に向けて、新たに385億円を支援し、破壊された建物の修復や住民の職業訓練などを行うことにしています。
中東情勢を巡っては、先月、イラク政府軍が主要都市ラマディを奪還するなど、シリアやイラクでISの支配する地域が少しずつ狭まっており、解放された地域の復興や住民の安全な帰還なども課題となっています。
こうしたなか、岸田大臣は19日、東京都内で講演し、シリアやイラクなどに向けて新たに3億5000万ドル(日本円にして385億円)の支援を行う考えを示しました。
支援金は、ISから解放された地域で、破壊された建物の修復や放置されている爆発物の処理、それに地域に戻った住民の職業訓練や教育支援などに活用されることになっています。
また政府は、内戦の長期化によって、シリアやイラクでの国内避難民や周辺国に流入する難民が厳しい生活を強いられていることから、引き続き食料や生活環境の改善などの人道支援も行うことにしています。』



2016年1月20日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/LHXoL


2016年1月20日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6eg649W28


2016年1月20日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2016-0120-2226-37/www3.nhk.or.jp/news/html/20160120/k10010378431000.html




一方、国内向けには、
【関連報道】
2016年1月20日 読売新聞の記事より引用
『介護保険、調理など軽度者向けサービス見直しへ
読売新聞 1月20日(水)3時14分配信

 厚生労働省は、介護保険制度で「要介護1、2」と認定された軽度者向けサービスを大幅に見直す方針を固めた。

 具体的には、調理、買い物といった生活援助サービスを保険の給付対象から外すことを検討する。膨らみ続ける社会保障費を抑えるのが狙いで、抑制額は年約1100億円、約30万人の利用者に影響が出る可能性もある。

 2月にも始まる社会保障審議会で議論を開始。年内に改革案をまとめて、2017年度にも実施に移す。

 日常生活の手助けが必要な軽度者が介護保険を利用して受けられるサービスは、ホームヘルパーが自宅に来て、トイレの介助や調理などを行う「訪問介護」や、施設に通って運動などをして過ごす「通所介護」などがある。』



2016年1月20日 読売新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/AKMwU


2016年1月20日 読売新聞の該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6eg6ZPOuK
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。