スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「慰安婦問題は日韓の最大の懸案事項であると言って過言ではないが、今回の合意で最終的かつ不可逆的に解決をするということは、大変意義があることだ。いわれなき非難に対しては断固反論するのが、わが党の立場であり、大使館前の慰安婦像の撤去はこの問題の解決の大前提だ」by稲田朋美

2016.01.08.Fri.17:07
2016年1月6日 NHKニュースの記事より引用
『稲田政調会長 「少女像」撤去が問題解決の大前提
1月6日 14時34分

自民党の稲田政務調査会長は、党の外交部会などの合同会議で、日韓両政府が慰安婦問題の最終的な解決で合意したことに関連し、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の撤去が問題解決の大前提だとして、速やかな撤去を求める考えを示しました。
この中で稲田政務調査会長は、日韓両政府が慰安婦問題の最終的な解決で合意したことについて、「慰安婦問題は日韓の最大の懸案事項であると言って過言ではないが、今回の合意で最終的かつ不可逆的に解決をするということは、大変意義があることだ」と述べました。
一方で、稲田氏は「いわれなき非難に対しては断固反論するのが、わが党の立場であり、大使館前の慰安婦像の撤去はこの問題の解決の大前提だ」と述べ、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の速やかな撤去を求める考えを示しました。』



2016年1月6日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/CDyig


2016年1月6日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6eNUMfsJ8


2016年1月6日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2016-0108-1650-57/www3.nhk.or.jp/news/html/20160106/k10010362671000.html


【管理人コメント】
稲田朋美氏は「慰安婦問題は日韓の最大の懸案事項であると言って過言ではないが、今回の合意で最終的かつ不可逆的に解決をするということは、大変意義があることだ。いわれなき非難に対しては断固反論するのが、わが党の立場であり、大使館前の慰安婦像の撤去はこの問題の解決の大前提だ」と発言している。
私の介護している老人は、戦時中に南方や中国に派兵され、シベリアに抑留された日本兵の生き残りである。
その老人が慰安婦は有ったと言っている。稲田朋美氏が慰安婦像に関していわれなき非難というのは言いがかりに近いと考える。
自国にとって都合の悪い歴史上の事実を都合の良いように修正しようとするのは先人に対する冒涜である。認めるべきところは認めるところから始めなければ、真の意味での対話など覚束ない。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。