スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【備忘録】「(安全保障関連法の)審議の過程で『自衛隊員のリスク』を巡ってさまざまな議論があり、諸君にはもどかしい思いがあったかもしれない。安全保障環境が厳しさを増すなか、国民のリスクを下げるため、みずから進んでリスクを引き受ける、それが諸君たち自衛隊員の気高き志だからだ。現場の隊員たちが、新たな任務を安全を確保しながら適切に実施できるよう、あらゆる場面を想定して周到に準備してもらいたい。平和安全法制は世界のリーダーたちから高い評価を得ており、国民の信頼や世界の期待を胸に深く刻みながら、新たな任務に当たってもらいたい」by安倍晋三

2015.12.23.Wed.22:00
2015年12月16日 NHKニュースの記事より引用
『安保関連法の新任務 首相「周到に準備を」
12月16日 12時00分

安倍総理大臣は、自衛隊の幹部が一堂に会する「高級幹部会同」で訓示し、安全保障関連法に伴う新たな任務について、安全を確保しながら適切に実施するため周到に準備を進めるよう指示しました。
安倍総理大臣は16日、防衛省で栄誉礼を受けたあと、各部隊の指揮官らおよそ180人が一堂に会する「高級幹部会同」で訓示しました。
この中で安倍総理大臣は、安全保障関連法について「審議の過程で『自衛隊員のリスク』を巡ってさまざまな議論があり、諸君にはもどかしい思いがあったかもしれない。安全保障環境が厳しさを増すなか、国民のリスクを下げるため、みずから進んでリスクを引き受ける、それが諸君たち自衛隊員の気高き志だからだ」と述べました。
そのうえで安倍総理大臣は、「現場の隊員たちが、新たな任務を安全を確保しながら適切に実施できるよう、あらゆる場面を想定して周到に準備してもらいたい。平和安全法制は世界のリーダーたちから高い評価を得ており、国民の信頼や世界の期待を胸に深く刻みながら、新たな任務に当たってもらいたい」と指示しました。』



2015年12月16日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/FQivy


2015年12月16日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-1216-1250-48/www3.nhk.or.jp/news/html/20151216/k10010342621000.html

【管理人コメント】
安倍晋三総理大臣は「(安全保障関連法の)審議の過程で『自衛隊員のリスク』を巡ってさまざまな議論があり、諸君にはもどかしい思いがあったかもしれない。安全保障環境が厳しさを増すなか、国民のリスクを下げるため、みずから進んでリスクを引き受ける、それが諸君たち自衛隊員の気高き志だからだ。現場の隊員たちが、新たな任務を安全を確保しながら適切に実施できるよう、あらゆる場面を想定して周到に準備してもらいたい。平和安全法制は世界のリーダーたちから高い評価を得ており、国民の信頼や世界の期待を胸に深く刻みながら、新たな任務に当たってもらいたい」と述べている。
だが、私は、安全保障法の成立によって日本国民のリスクは減ったのではなくむしろ増加していると考えている。
安全保障法は、条文を読めば明らかだが、在外の日本国民の救出を第一の目的としたものではない。
もし我が国がアメリカへの攻撃を根拠として第三国に対して集団的自衛権を行使した場合、我が国は当該第三国との間で実質的な交戦状態になるのだ。我が国が攻撃を受けた訳でもないにも拘らず、在外邦人の身も危険に曝すことになるし、海外における自衛隊の隊員も身の安全が保障されなくなる。
このような実態を自国民に説明することなく、勇ましい言葉や美辞麗句で誤摩化そうとするのは誠実な態度とは到底言えない。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。