スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「衆議院選挙の最中に仮に大規模災害が起きた場合、今の憲法では衆議院議員がいない状態のままで、対応に遅れが出てしまう。何も手当てをしていなかったというわけにはいかず、そうした『緊急事態』の条項に関する議論が中心になる。(憲法改正は)政局に関係なく国会の責任でやらなければならない」by保岡興治

2015.12.18.Fri.17:50
2015年12月16日 NHKニュースの記事より引用
『首相 憲法改正は与野党で議論深める必要
12月16日 22時12分

安倍総理大臣は、総理大臣官邸で、衆議院憲法審査会長を務める自民党の保岡元法務大臣と会談し、年明けから始まる通常国会の憲法審査会で、憲法改正を巡って与野党で十分に議論を深める必要があるという認識を示しました。
この中で、保岡衆議院憲法審査会長は、来月4日に召集される通常国会での憲法改正を巡る議論について、「衆議院選挙の最中に仮に大規模災害が起きた場合、今の憲法では衆議院議員がいない状態のままで、対応に遅れが出てしまう。何も手当てをしていなかったというわけにはいかず、そうした『緊急事態』の条項に関する議論が中心になる。政局に関係なく国会の責任でやらなければならない」と述べました。これに対し、安倍総理大臣は「憲法審査会で与野党でしっかりと議論を深めてほしい」と述べました。
このあと保岡審査会長は記者団に対し、「基本的に安倍総理大臣にはご理解をいただいた。衆議院憲法審査会長としては、与野党と同じ距離感を持ってやっていきたい」と述べました。』



2015年12月16日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/viX35


2015年12月16日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6drbgB3B8


2015年12月16日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-1218-1749-11/www3.nhk.or.jp/news/html/20151216/k10010343241000.html


船田元をはじめとする自民党の政治家の憲法に関する非常識な発言の数々は以下のリンクをご参照下さい。
http://politicalarchive.blog.fc2.com/blog-entry-1748.html?q=%E8%88%B9%E7%94%B0%E5%85%83%E3%80%80%E6%86%B2%E6%B3%95&charset=utf-8



伊藤真弁護士による憲法改正に関する動画



伊藤真弁護士講演-96条改憲は何を狙うか? 



2013年3月21日 TBS DIG 伊藤真×青木理 「護憲・改憲を言う前に 憲法とは何かを考える




自民党憲法草案の条文解説
http://satlaws.web.fc2.com/



自由民主党「日本国憲法改正草案」について 伊藤真
http://www.jicl.jp/jimukyoku/images/20130131.pdf



日本国憲法改正草案(自由民主党、平成24年4月27日決定)
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf



自民党憲法草案の条文解説 Facebook
https://www.facebook.com/pages/自民党憲法草案の条文解説/500753356614790

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。