スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(GDP600兆円の目標に関しては、)TPP=環太平洋パートナーシップ協定の大筋合意をはじめ、非常に環境が整いつつある。また、大きいのは東京オリンピック・パラリンピックだ。過去のオリンピックでは、決定から開催までの間で通常10%以上GDPが上昇しているほか、2019年にはラグビーワールドカップが日本で行われる。なんとしてもGDP600兆円は、2020年を越えるぐらいまでの間には実現していきたい」by菅義偉

2015.12.06.Sun.23:02

2015年12月5日 NHKニュースの記事より引用
『官房長官「GDP600兆円 2020年ごろまでに」
12月5日 15時06分

菅官房長官は東京都内で講演し、安倍政権が掲げるGDP=国内総生産600兆円の目標について、東京オリンピック・パラリンピックの開催などによる経済効果が見込めるとして、2020年ごろまでには達成したいという考えを示しました。
この中で菅官房長官は、安倍政権が掲げるGDP=国内総生産600兆円の目標について、「TPP=環太平洋パートナーシップ協定の大筋合意をはじめ、非常に環境が整いつつある。また、大きいのは東京オリンピック・パラリンピックだ」と指摘しました。
そのうえで菅官房長官は、「過去のオリンピックでは、決定から開催までの間で通常10%以上GDPが上昇しているほか、2019年にはラグビーワールドカップが日本で行われる。なんとしてもGDP600兆円は、2020年を越えるぐらいまでの間には実現していきたい」と述べました。
また、菅官房長官は、中国、韓国との関係について「ようやく日中韓の首脳会談を開催することができたし、中国の習近平国家主席とは2回、韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領とも1回、首脳会談を行うことができた。これまでの3年で日本の目指す積極的平和主義をしっかり実現できたので、さらに3年で推進していきたい」と述べました。』



2015年12月5日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/31BC4


2015年12月5日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6dZfgqTj6


2015年12月5日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-1206-2250-18/www3.nhk.or.jp/news/html/20151205/k10010330821000.html

【管理人コメント】
菅義偉官房長官は「(GDP600兆円の目標に関しては、)TPP=環太平洋パートナーシップ協定の大筋合意をはじめ、非常に環境が整いつつある。また、大きいのは東京オリンピック・パラリンピックだ。過去のオリンピックでは、決定から開催までの間で通常10%以上GDPが上昇しているほか、2019年にはラグビーワールドカップが日本で行われる。なんとしてもGDP600兆円は、2020年を越えるぐらいまでの間には実現していきたい」と述べている。
オリンピック特需を狙って、3大都市圏をはじめとして日本全国で超高層タワーマンションやら、シティーホテルやらを建てているようだ。GDP600兆円というのはそういったマンションやホテルの建設、地下鉄の整備などを当て込んでいるのだろう。
しかし、冷静になって考えてみて欲しい。日本は3人に一人が65歳以上という少子高齢化社会である。政府も少子化促進策を推進している。客観的にみて、これからも日本では高齢化と人口減少は続くのである。最悪で4000万人まで減ると言う総務省統計局の試算もある。
いま後先考えずに建てているマンションには誰が住むのだろうか?このままなら、全国で不動産の価値が大幅に下落することは必須であろう。なので、不動産相場の暴落を抑えるために日本政府は移民を入れるんでしょうね。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。