スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(マイナンバー制度導入を通じて)公共部門を効率化し、国民の利便性を高め、より公平、公正な行政を推進する。必要なセキュリティー対策もしっかり考えていく。(マイナンバー制度に関しては)日本の場合、いわば『後発の利』があり、ほかの国の失敗や教訓を生かせると感じた。各国の先進的な取り組みを参考にして、日本のマイナンバーをスムーズにスタートさせたい」by松下新平

2015.11.03.Tue.14:58
2015年10月29日 NHKニュースの記事より引用
『マイナンバー制度 総務副大臣が国際会議で説明
10月29日 6時30分

公共サービスの在り方について考える閣僚級の国際会議が、北欧のフィンランドで開かれ、総務省の松下副大臣は、マイナンバー制度の導入を通じて「国民の利便性を高め、より公平、公正な行政を推進する」と述べ、日本の取り組みを説明しました。
OECD=経済協力開発機構は、社会の変化や課題に合わせた公共サービスの在り方を考える閣僚級の会議を5年に1度開いていて、今回は28日にフィンランドの首都ヘルシンキで行われました。
日本からは総務省の松下新平副大臣が出席し、来年1月から運用が始まるマイナンバー制度について、「公共部門を効率化し、国民の利便性を高め、より公平、公正な行政を推進する。必要なセキュリティー対策もしっかり考えていく」と述べ、日本の取り組みを説明しました。
このあと、テーマごとに分かれて行われた分科会では、番号制度と情報通信技術を活用し、会社設立の手続きを10分ほどで済ませられるというバルト3国のエストニアの取り組みなど、各国の行政サービスの事例や課題について意見が交わされました。
会議のあと松下副大臣は、「日本の場合、いわば『後発の利』があり、ほかの国の失敗や教訓を生かせると感じた。各国の先進的な取り組みを参考にして、日本のマイナンバーをスムーズにスタートさせたい」と話していました。』



2015年10月29日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/aSwDO


2015年10月29日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6ckwvWJaT


2015年10月29日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-1103-1435-41/www3.nhk.or.jp/news/html/20151029/k10010286451000.html

【管理人コメント】
海外では、マイナンバーに相当する制度を導入した結果、なりすまし、詐欺、窃盗等の被害が発生していると各マスコミで報じられている。他の国の失敗例や教訓を生かすと言うのであれば、そのような制度は導入しない筈である。
にもかかわらず、このような制度を導入する国家の意図は、全ての国民の資産を国が把握し、取れるところからは税金として根こそぎ取りたいという強い意志によるものであろう。
松下新平氏のいう「ノウハウ」というのも、「いかに国民を監視するかのノウハウ」ではないかと勘ぐりたくなる。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。