スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仕事に就き所得や収入があることは、希望出生率1.8の実現につながる。(ニートと呼ばれる)若い方々が力を発揮しなければ、強い経済も実現できない。若い方々の状況や思いを把握し、必要な対応を取っていきたい。(ニートと呼ばれる方の)受け入れ体制をパワーアップしなければならないし、学校との連携も重要だ」by加藤勝信

2015.11.02.Mon.22:41
2015年10月30日 NHKニュースの記事より引用
『一億総活躍相 若者の就労支援充実を
10月30日 20時41分

加藤一億総活躍担当大臣は横浜市で、いわゆる「ニート」と呼ばれる若者の自立支援を行っている施設などを視察し、若者の就労支援などの充実を図っていく考えを示しました。
加藤一億総活躍担当大臣は30日午後、横浜市を訪れ、いわゆる「ニート」と呼ばれる若者の自立支援を行っている施設や、ハローワークと連携して若者の就職相談や職業紹介などを行っている施設を視察しました。
加藤大臣はハローワークで、パソコンを使って年齢や希望する職種、待遇などを入力し、実際の求人を探す作業を体験しました。
このあと加藤大臣は記者団に対し、「仕事に就き所得や収入があることは、希望出生率1.8の実現につながる。若い方々が力を発揮しなければ、強い経済も実現できない。若い方々の状況や思いを把握し、必要な対応を取っていきたい」と述べました。
そのうえで、加藤大臣は自立支援について、「受け入れ体制をパワーアップしなければならないし、学校との連携も重要だ」と述べ、「ニート」と呼ばれる若者の就労支援などの充実を図っていく考えを示しました。』



2015年10月30日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/zDrjc


2015年10月30日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6cjvyH59g


2015年10月30日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-1102-2233-30/www3.nhk.or.jp/news/html/20151030/k10010288911000.html




2015年10月29日 NHKニュースの記事より引用
『首相 一億総活躍の緊急対策に実効的な施策を
10月29日 20時12分

安倍総理大臣は、一億総活躍社会の実現に向けて新たに設置した国民会議の初会合で、少子高齢化を克服し成長を持続していくことを目指して来月末までに取りまとめる緊急対策に、省庁の枠にとらわれない実効性の高い施策を盛り込むよう指示しました。
総理大臣官邸で開かれた「一億総活躍国民会議」の初会合には、議長を務める安倍総理大臣や加藤一億総活躍担当大臣など関係閣僚のほか、民間から経団連の榊原定征会長、増田寛也・元総務大臣、それに俳優の菊池桃子さんなど15人が出席しました。
この中で安倍総理大臣は「なかなか成果が出なかった少子高齢化という構造的課題に、成長できるという自信を取り戻しつつある今こそ真正面から取り組むべきだと判断した。みんなが活躍できる社会をつくるために、それを阻むあらゆる障害を取り除いていきたい」と述べました。そのうえで安倍総理大臣は、「来月末をめどに緊急に実施すべき対策を取りまとめてほしい。省庁の枠組みを超え、従来の発想にとらわれない対策を取りまとめてほしい」と述べ、緊急対策に省庁の枠にとらわれない実効性の高い施策を盛り込むよう指示しました。
政府は、国民会議での議論と並行して有識者からのヒアリングなども行ったうえで、緊急対策を取りまとめ、今年度の補正予算案や来年度予算案に反映させることにしています。』



2015年10月29日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/VgmWv

2015年10月29日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6cjwPPPzC


2015年10月29日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-1102-2239-31/www3.nhk.or.jp/news/html/20151029/k10010287441000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。