スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さまざまな介護のニーズに対し、地域の中で対応する仕組みがこういう形で展開すれば、家族が介護をしながらも働き、自分の生活と両立していくことができると思った。国有地を賃貸して運営しているという状況を聞いたが、非常に賃料が高くて運営が厳しいという話もあったので、これから特に都会で施設を展開していくためには、考えていかなければいけない」by加藤勝信

2015.10.24.Sat.16:34
2015年10月22日 NHKニュースの記事より引用
『介護施設への国有地賃料引き下げ検討も
10月22日 18時02分

加藤一億総活躍担当大臣は、東京・世田谷区の国有地に建てられた民間の介護施設を視察し、都市部の介護施設を増やすために、国有地を貸し出す際の賃料を引き下げることも検討する考えを示しました。
加藤一億総活躍担当大臣は22日午後、東京・世田谷区の国有地に建てられた民間の介護施設を訪れました。そして、グループホームに入所している人やその家族から、入所に至ったいきさつや家族の介護への関わり方を聞くなどしたほか、職員が訪問介護が必要な人とテレビ電話を通じて連絡を取り合う様子などを視察しました。
このあと、加藤大臣は記者団に対し、「さまざまな介護のニーズに対し、地域の中で対応する仕組みがこういう形で展開すれば、家族が介護をしながらも働き、自分の生活と両立していくことができると思った」と述べました。そのうえで、加藤大臣は「国有地を賃貸して運営しているという状況を聞いたが、非常に賃料が高くて運営が厳しいという話もあったので、これから特に都会で施設を展開していくためには、考えていかなければいけない」と述べ、介護施設に国有地を貸し出す際の賃料を引き下げることも検討する考えを示しました。』



2015年10月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/QF3cp


2015年10月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6cVqP4nIS


2015年10月22日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-1024-1617-42/www3.nhk.or.jp/news/html/20151022/k10010278891000.html

【管理人コメント】
加藤勝信氏は、「さまざまな介護のニーズに対し、地域の中で対応する仕組みがこういう形で展開すれば、家族が介護をしながらも働き、自分の生活と両立していくことができると思った。国有地を賃貸して運営しているという状況を聞いたが、非常に賃料が高くて運営が厳しいという話もあったので、これから特に都会で施設を展開していくためには、考えていかなければいけない」と述べている。
「さまざまな介護のニーズに対し、地域の中で対応する仕組みがこういう形で展開すれば、家族が介護をしながらも働き、自分の生活と両立していくことができると思った。」と言うが、こういう台詞は、実際に認知症や身体介護の老人の介護を経験してからにして頂きたい。
地域内に介護施設を建設したとしても、現行制度のままでは、老人本人が施設入居を拒否すれば、老人を施設入所させることは出来ない。従って、施設を作っただけでは、介護者が介護から解放されることもないし、特別養護老人ホームや民間の有料老人ホームへの入居待ちは減ることはない。
それでも老人介護と仕事とを両立しろと言うのならば、大半の介護者は介護と仕事とで過労で倒れたり、介護が原因でうつ状態になったりする者が大量に出るのではないか?
「国有地を賃貸して運営しているという状況を聞いたが、非常に賃料が高くて運営が厳しいという話もあったので、これから特に都会で施設を展開していくためには、考えていかなければいけない」というのなら介護業界の賃金を引き上げることを条件に、施設を建てるために国有地を賃貸借している業者に対しては、賃料を無料にするなり、大幅に減免するなりしなければ、施設を運営する民間事業者だけが賃料削減による利益を享受することになる。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。